HAND & SOUL

逝きし世の面影

e0153357_7493471.jpg

これらは江戸末期に兵庫県豊岡市城崎町でつくられた麦わら細工の皿や小箱です。
先日千葉・佐倉の国立歴史博物館で開催された「よみがえれ!シーボルトの日本博物館」(注)にシーボルトのコレクションのひとつとして紹介されていたものです。

麦わら細工は、大麦の管(稈…かん)の堅牢性とそのつややかな表情を活かして、暮らしの道具をつくったり飾ったりするもので、昭和の初期までは割合身近に見ることができましたし、箱根の寄木細工やこけしとならんで伝統工芸品としてよく知られた土産品でした。関東では大森の麦わら細工が知られていましたが、いまは兵庫県の城崎で伝統工芸の土産物としての余命を永らえているようです。上の麦わら細工にも「城崎湯嶋 御麦藁細工 美濃屋兵三郎」と印のある包装紙が一緒に展示されていました。
昭和11年生まれのボクの子どもの頃の記憶でも駄菓子屋の店先やオモチャ屋で見かけましたし、ストローは蝋紙やプラスチックのものになるまでは麦わらでした(ストローという言葉そのものが麦わらの意ですからね)。

展示された江戸期のシーボルト・コレクションの麦わら細工をあらためて観ると、「雑貨」の類いと思っていた麦わら細工が、他に展示されている螺鈿や漆器に一歩もひけをとらないクラフトワークであることを再認識するとともに、こんなに美しいものかと驚きます。舌を巻く精緻な細工の技もさることながら、モノとして格調が高いのです、品があるのです。
でもこれらの王侯貴族への献上品でもないし、大金持ちのパトロンのためにつくられたものでもない、ごく一般の庶民が使ったり飾ったりする日用品がこれほど精緻で趣味がよいとはどういうことなのか・・・。それは多分その時代にそういうものを求め、それを使いこなし、愛でる人びとがいたからに違いありません。
こういう推察を後押ししてくれる資料があります。
それは、江戸末期から明治にかけて、すでに産業革命を経て工業化社会へ歩み出した欧米の諸国からやって来た異邦人の眼に映った、後進国日本についての証言を満載した「逝き世の面影」(渡辺京二著 平凡社ライブラリー)です。
証言は国土、自然、人々、暮らし、労働、性、信仰・・・と多岐にわたりますが、まとめると「日本という国は自然が美しく、清潔で、人々は陽気で礼儀正しく利発であり、暮らしは簡素で貧困ではあるが貧しくはなく、みな幸せそうである」といった賞賛の声です。しかしながらまたそれらの声は、われわれがこの150年ほどの間に何を失ってしまったかを明らかにせずにはおきません。

ここで彼らの証言が日用品について触れた箇所を二三紹介しましょう。

「(150年前、スイスの使節団代表として日本を訪れた)アンベールは『江戸の商人街の店頭に陳列された工芸品』には『一貫した調子があること』に気づいた。誰が何といおうと、自分はそれを『よき趣味(ボン・グウ)』と呼びたい、と彼は言う。『江戸の職人は真の芸術家である』。種子屋で売っている包みには、種子の名前とともにその植物の彩色画が描かれている。『これらの絵は何か日本の植物誌のような冊子から写し取られたかと思われるほどの小傑作である』。ところがそれは、畳の上に寝そべって筆を走らせている年端もいかぬ店員の作品なのだ。アンベールはまた,『鉢、盃、台皿、小箱類、漆の盃、瓶、茶碗、上薬をかけた茶瓶』など、『美しい食器類』を器用かつ優雅に使いこなしている人びとを見ると、食事というより、まるで大きな子どもたちがままごと遊びをしているように思えるのだった」。

「『日本の職人は本能的に美意識を強く持っているので、金銭的に儲かろうが関係なく、彼らの手から作り出されるものはみな美しいのです。……庶民が使う安物の陶器を扱っているお店に行くと、色、形、装飾には美の輝きがあります。』彼女(アリス・ベーコン)は『ここ日本では、貧しい人の食卓でさえも最高級の優美さと繊細さがある』と感じた。」

「(日本家屋の欄間について)モースにとって印象深かったのは、それがいずれも『名もなき地方の職人の手になるものだ』ということだった。『遠隔のさまざまな地方の、比較的小さな町や村に、素晴らしい芸術的香りの高い彫刻のデザインを考え、これを彫るという能力を持った工芸家がいるらしいことは、顕著な事実であると同時に注目に値する事実である』。彼は、母国アメリカでの地方の大工がこんな場合どんな仕事をするか考えて、怒りにとらわれた。日本ではなぜこのようなことが可能なのだろうか。それは日本の職人が『たんに年季奉公をつとめあげたのではな』く、『仕事を覚えたのであって』、従って『自由な気持ちで働いている』からだ。日本人は『芸術的意匠とその見事なできばえを賞揚する』ことができる人びとなのである。(中略)すなわちモースは、日本におけるよき趣味の庶民のレベルでの普及こそ、職人が叩き大工でない一個の芸術家的意欲を保持しえている根拠とみなしたのである。文明とはまさにこのことにほかにならなかった。」


冒頭に示した麦わら細工の魅力も、こうしたお互いに美的価値観を共有するというベースがあり、一方に作り手の技への敬意があり、もう一方に自分のつくったもの大切にし、愛でてくれる使い手がいると信ずることができるといった関係があってはじめて生まれるものだと納得します。
まことに憚りながら、われわれHAND & SOULが細々と続けているのも、ここで紹介したような「逝きし世の面影」をたんなるノスタルジーで済ませたくないいう気持ちから発したささやかや動きなのですが。


(注)「よみがえれ!シーボルトの日本博物館」:ドイツ人医師・博物学者で19世紀に2度に渡り来日したフィリップ・フランツ・バルタザール・フォン・シーボルトは、膨大な日本の自然や生活文化に関わる資料を収集し、ヨーロッパに持ち帰り紹介・展示することに情熱を注ぎ,その後のヨーロッパにおけるジャポニズムの先駆けともなりました。今回の展示は,コレクションから300点ほどを当時の彼自身の展示プランに沿うかたちで展示するものです。
江戸東京博物館で9月13日〜11月6日が開催されています。

麦わら細工写真:「よみがえれ!シーボルトの日本博物館」図録より
[PR]
# by love-all-life | 2016-09-18 08:21 | 文芸・アート | Trackback | Comments(0)

庭で見た神の技

今朝、庭で蝉が羽化しているのを発見しました。
この時期、朝起きると庭の木の枝や葉っぱの裏に蝉の抜け殻を見かけますが、通常羽化は人が目覚める前に行うので、羽化の現場に出会うことはめったにありません。

発見したのは8時頃で、庭の作業机のベニヤ板の角で羽化が始まっていました。すでに庭には梅雨開けの朝日がたっぷり射しているなかでの羽化です。多分何かの事情があってこんなこんな時間にこんな場所での羽化になってしまったのでしょう。
まわりには蟻がせわしく動き回っているし、無事に羽化し終えるのは難しいだろうと危惧するも、どうしてやることもできず、とりあえずカメラで記録することにしました。

e0153357_2142100.jpg














近づいて観るとよれて濡れた羽が震えるようにかすかに動いています。

e0153357_2145744.jpg














強い日差しや乾燥に耐えられるだろうか心配なので、ビニールシートで陰をつくってやりました。
やがてうす水色の羽が美しく形づくられていきます。

e0153357_2153391.jpg














創造主たる神の技を目前にして敬虔な気持ちになることを抑えることができません。

e0153357_216577.jpg














時折ゆっくりと動きながら、、少しづつ薄緑から茶系統の色に変化していきます。

e0153357_2163497.jpg














だんだんアブラゼミだとわかる姿になっていきます。

e0153357_217065.jpg














カメラを近づけて撮影しているので、彼にとっては危険きわまりない状況のはずですが、
まだ逃げることはできず、ひたすら時間が彼に力を与えてくれるのを我慢強く待っているかのようです。

e0153357_2173858.jpg














ちょっと目を外した間に脱出を試みたのか、羽をばたばたしながら地面に落ちていました。
手で近くの紅葉の幹に置いてやりました。
身体に緑色を残す彼はまだ飛び立つことはできず、ゆっくりと木を登り始め・・・・

e0153357_2183964.jpg














紅葉の幹に取り付けてある鳥の巣箱と幹の間の隙間に身を潜めました。

e0153357_2191738.jpg














おそらくここに隠れることは、非力な彼がいまなし得る最善の対処であるにちがいありません。

e0153357_21224747.jpg














この世に現れて間もない右も左も分からない彼が何故このような適切な行動がとれるのか驚くほかありません。

待つこと小一時間、すっかり茶の鎧兜を纏った彼は元気よく飛び立っていきました。 

e0153357_21102613.jpg














GOOG LUCK!
[PR]
# by love-all-life | 2016-08-04 21:33 | 自然 | Trackback | Comments(0)

HAND & SOUL「モノ」がたり (125) 「鎌倉・夏・ART」

今では一年を通し週末や祝日には観光客やウォーキングの人々で賑わいをみせる鎌倉ですが、かっては(というのは50年ほど前ですが)鎌倉の賑わいといえば、お正月の八幡様の初詣と夏の海水浴客でした。
海岸近くはまだ砂地の道が多く残っていましたし、町中といえども裸のままで麦わら帽をかぶった大人や浮き輪をもった子供たちが闊歩していました。ビーチにはよしずを張った海の家だけでなく、コルクの弾で人形を落とす鉄砲打ちゲームや卓球台を備えた店などもあって、海岸はちょっとした遊園地でした。
そんな海の家の中に、先日亡くなった大橋巨泉の店があって、そこだけジャズが鳴り響いていて,周辺と異なった雰囲気を醸していたことが今となってはなつかしく思い出されます。

e0153357_19435167.jpg

今どきのビーチではよしずはすっかり影をひそめ、ハワイのビーチを模したようなヤシを植えデッキを備えたペンキ塗りのビーチハウスが並び、パッとみると日本語より英文字ばかりが目に飛び込んできます。
朝、東京あたりから普通の恰好でやってきて、着付けの店で浴衣や着物姿に着替えたり、サーフショップでサーフィン用の出で立ちに変えて日中を過ごし、夕方着替え直して帰るのが流行っているそうです。
いずれにせよ風俗は時代とともに変わるのは当然としても、夏の鎌倉の独特の賑わいは相変わらず健在です。



そんな鎌倉の夏の新しい試みとして、いま「KAMAKURA DESIGN+ART WALK みずたまてん」が開催されています。
e0153357_19445269.jpg

鎌倉駅から長谷観音に至る由比ケ浜通りと、江の電長谷駅から大仏への長谷通りを中心として、多くの店が店頭に水玉模様のフラッグを掲げ、そのなかの20数店では、デザインやアート作品を店内に展示をして街の賑わいに彩りを添え、夏の鎌倉を訪れる人々に楽しんでもらおうという企画です。
仕掛人は,世界をまたにかけて活躍してきた鎌倉在住のデザイナーで、そのキャリアとデザインセンスとエネルギーを地元にも向けようと思い立って始まりました。
参加アーチストは東京、湘南、鎌倉の各方面の若手のグラフィック・デザイナー、イラストレーター、パケージデザイナー、クラフト・デザイナーなどの面々ですが、仕掛人の彼が子供の頃からの旧知の仲だったことでHAND & SOULにも声がかかりました。

e0153357_19464720.jpg

私たちは、由比ケ浜通りにある「するがや本店」という昭和12年創業で、戦前・戦中の兵隊さんから「長谷の大福餅」と評判だったという和菓子の老舗の店内をお借りしました。
手狭の店ですし、話が急だったこともあり手持ちの作品を持ち込んでディスプレーしただけの展示です。
「二人合わせて精神年齢20歳・実年齢160歳が、勝手気ままにつくりました」をショルダー・フレーズにして、参加作家の平均年齢を一挙に引き上げています。7月16日から31日までの展示なので、もうすぐ終わってしまいますが、今年が出発点ですので、これからが楽しみです。

KAMAKURA DESIGN + ART WALK みずたまてん 特設サイト HTTP://MIZUTAMATEN.COM/
[PR]
# by love-all-life | 2016-07-29 19:47 | 「モノ」がたり | Trackback | Comments(0)

民主主義は民主主義か?

e0024615_1055575.jpg








長いこと生きているといろいろ得難い経験をするものです。
思わず「え〜マジかよ!」と若者のような声をあげてしまったのが、英国のEU離脱vs.残留の可否を問う国民投票の結果です。その上さらに驚いたのは、離脱の結果が出た直後から、勝った離脱側からの「あれは本心ではなかった」「私の票は無効にして」みたいな後悔の声がなんと400万にのぼりさらに今後増える見通しだというのですから、「ど−なってんの?」と言わざるを得ません。
議会制民主主義のお手本だった英国、理性的でスポーツとスマートなユーモアを愛でる紳士の国で起った騒動だけに、悪い冗談では済まされないインパクトがあります。

そもそもEUとは近代まで政治・思想・文化の面で世界をリードしてきたヨーロッパが,一方で骨肉の争いのような戦争を繰り返し、ついに大量殺人兵器よる二つの世界大戦の壊滅的な悲劇を味わった経験から、人類の英知をあつめて二度とあのような愚かさをくり返さない世界をつくろうという理想をかざして生まれた国際連盟や国際連合などの国際協調の流れのなからヨーロッパをの一つの国とする実験として発展的に機能してきたものと思っていました。

ところが今回の英国の騒動から明らかになったのは、はじめから分かっていたはずの各国の経済的な規模や事情の差異や加盟国に課せられる規制や制約に加えて、移民や難民の流入によって奪われる仕事や格差や治安の問題、さらには現政権への諸々の不満のはけ口として離脱派が勢いを得たということのようです。
それにしても、あまりにも性急で過激な結果ではないかというのが,遠く離れた日本に住むわれわれの率直な印象です。
しかしこの状況ついての我が国の治世者の関心がもっぱらお金の損得勘定に向けられていていささか悲しくなります。
この出来事がこれほどの不安感をわれわれに与えるのは、たんに損か得かということより、われわれが拠って立つ地盤が揺れるような根源的なものであるとどこかで感じるからではないでしょうか。それは民主主義とは何かという問いであり、国民投票というコトの決し方への疑問です。
民主主義というのは言うまでもなく、意見が対立した場合、お互いに議論を尽くし、どうしても折り合いがつかない時は多数決という手段で結論を出すというのが基本的なルールであり、より多くの意見がより正しい判断を下すという信念です。だからすべての国民が投票してコトを決する国民投票は究極の民主主義的な手段でるという考え方が定着していると思っていました。
ところが,今回の英国の国民投票の成り行きをみる限りとても民主主義が正しいカタチで機能したようには見えません。多分投票にいたる前にもっともっと長く深い議論が必要だったのでしょう。

英国人中の英国人ウインストン・チャーチルの言葉によれば…
「民主主義は最悪の政治形態らしい。ただし、これまでに試されたすべての形態を別にすればの話であるが。」
という警句を発しています。
つまり民主主義は他より少しはましな政治形態に過ぎないということなのでしょう。

さて、われわれ日本人は憲法9条とか原発とか沖縄といったなかなか結論が出せない重要な全国民的課題を抱えていています。そしてこれらをいずれは国民投票という方法で決着をつけざるを得ないと考えている人も少なくありません。
それなのに、この参院選で与党の陣営が逃げまくっているのがこれらのテーマについての議論です。やれやれ。
   
[PR]
# by love-all-life | 2016-07-22 14:38 | 時事・社会 | Trackback | Comments(0)

「知識」の使い捨て時代

e0153357_946860.jpg




















古本屋の店頭の平台には、少々手あかのついた文庫本や、時代遅れになった実用本や、長編小説の一編だけといった類いの本が身を寄せ合ってそれぞれの生涯の最後の姿を晒しています。
ときにはそんな中にこちらの好みの作家の小説や、めずらしいノンフィクションものが混じっていたりしていることもあり、そんな時には100円ショップで「エッ、こんなものが100円で!」と感動する時のような驚きがあって、なんとなく気になる場所ではあります。

e0153357_9484222.jpg








先日もふらっと立ち寄った古書店の平台に、他の本を圧倒するような立派な洋書がデンと置いてありました。この本どこかで見たことがあるなと手に取ってみると、かって所属していた大学の図書館の蔵書に同じものがあったことに気づきました。
それは「ULTIMATE VISUAL DICTIONARY」という本で、大型で幼児では持ち上げられないくらい重く、660ページもあって、全ページが種々の絵や写真とそれらを説明する短い文で埋め尽くされていいます。つまりこれは文字でひいて単語の意味を調べる辞書ではなく、目で見て調べる辞典なのです。
文章が英文だという不便さはありますが、「あれ、どんな姿をしていたっけ?」とか「これって,何?」というようなときや、実物を見ないで絵を描くときなどに恰好な資料となる手引書です。
内容には、宇宙・地球・天体・植物・動物・人体・地質・気象・物理・化学・鉄道・道路・海・大気・美術・建築・音楽・現代世界などの項目がずらりと並んでいます。
ひとつひとつの絵や写真の質も高く、レイアウトもスマートで、とくに目的がなくてもパラパラページをめくっているだけで、なんだか物知りになったような気分になれるし、子どもなどに現物を前にしないで物事の説明をするときなど重宝するだろうと思われます。
e0153357_9553165.jpg

今回この本をブログでとりあげようと思ったのは、実はこの本の中身ではなく、お値段がなんと108円だったからなのです。
調べてみると初版が1994年で、本国アメリカで40$、カナダで60$で出版されたことが分かります。買った本のブックカバーには日焼けして茶色くなったシールに¥3,306 とタイプされいて、別の場所に¥108の小さな新しいシールが貼ってあります。つまり日本で当初3,306 円で売られていた本が十数年経って、古書業者がただ同然に仕入れ、いま¥108というほとんど無価値の烙印を押されて店頭に並んでいるということなのです。
何でこんなことが起るのだろうかという疑問への答えは、言わずとインターネットやWikipediaの存在であることは明白です。

いまや、あらゆる「知識」は、まるでアラジンの魔法のランプのようにスマホを操る指先から寸時に現れてくるのです。
かってのように図書館に行く、本をめくる、資料を漁る、自ら訪ねる、恥をかきながら人に尋ねるといった手順は一切不要の世の中になってしまったのです。いや,そのような錯覚が錯覚とも自覚しないで済むご時世のようです。
大学、高校生の孫を身近でみていて、彼らは「知らない」とこに劣等感をもつこともないし、「知らない」うことを自覚しさえしない世代だということを感じます。会話をしていて、何か分からないコトがあると、瞬時にスマホをとりだし、瞬時に答えを明らかなにして会話は続きます。
ほとんど老年期に達してパソコンを手にしたジイジ世代にとって、そういう情景は「おまえ、それって知っているんじゃなくて、ほとんどカンニングじゃないか」感じてしまいます。キイを押せばお金が出て来るATMでさえ苦労して貯めた預金が必要ではないか。こんな知識のただ乗りのようなことが許されてよいのかと当惑するばかりです。

スマホに触れる指先で森羅万象を操れるような気分でいる若者たちへのぐだぐだしたお説教は彼らから相手にされそうもないのでこれくらいにして、いまだスマホをもたない当方としては、せめて路上で寂げな姿を晒してる老学者のような古本を見て哀れを感じ、求めて家の本棚に安住の場をつくってやることにしました。


*上の写真のブックエンドはHAND & SOULオリジナルの「PUSH MANブックエンド」 1対で¥5,000
[PR]
# by love-all-life | 2016-05-28 18:00 | Trackback | Comments(1)