HAND & SOUL

店内ミニミニツアー


e0153357_20382895.jpg









一瞥しただけで全部が見えてしまうほどの小さな店ですが、それだけにどんな小さなコーナーも私たちにとっては大切な表現のスペースだし、何かメッセージを発信する場にしたいと思っています。

店の細々したところを少しご案内をしましょう。

e0153357_20385019.jpg









左の写真は、店のショップカードとカードスタンドです。
カードは表も裏もお店の色と同色にして、カードがどこか遠くに旅しても店のイメージを一緒に運んでくれるとことを願っています。
ブリキの水兵さんに持たせています。
右の写真のフォトフレームは、スーパーで「どうぞご自由にお持ちください」って書いてある段ボールの箱をもらって、切ったり貼ったりしてつくりました。右側はいろんな場所で拾った野鳥の羽が、これまた海岸で拾ってきたドアノブに挿してあります。

e0153357_20391257.jpg









ジイジお得意のミニ家です。小割という角材を切ったり塗ったり、描いたりしてつくります。意外と時間がと手間がかかっているんですよ。

e0153357_2040639.jpg









こちらはバアバの作品です。ちょっと威張っているようなウサギは桂やジェラトンという材木を彫ってつくります。
いつもビーズ飾りの革製のショルダーバッグをもって反っくり返っています。
右側は海岸で拾った下駄で作った船です。
ジイジが拾って来た錆びた電子部品を拝借してつけました。

e0153357_20403254.jpg









左の写真は、ファームBOXと称する木箱(バアバ作品)には、童画作家・長野ヒデ子さんと鎌倉在住のアーティスト小山千夏さんのポストカード。
右の写真、入り口脇には当店のDMや逗子のイベントの案内アードや、お客さんに紹介してあげたい食料品店のフライヤー、それに店の近くを拠点としている、いまや鎌倉名物になりつつある人力車のリキシャマンの清水さんの名刺も置いてあります。

e0153357_2040579.jpg









カッコいいでしょ。この人がうちのお抱え(?)リキシャマン清水さんです。

e0153357_2041252.jpg









木工品や家具類のような堅いものだけでなく、Tシャツやバッグなどソフトファブリック製品もあります。
左の写真は、バアバのオリジナルTシャツ。孫が描いたかわいい猫を刺繍しまたシャツ(残念ながら売れてしいました)や、ポシェットつきのTシャツです。
中央の写真は、手旗の水兵さん(ジイジがデザイン)をバアバがTシャツにアレンジしました。
左の写真は、木製の灯台のランプ、Tシャツと手提げバッグ。
Tシャツの衣紋掛けは流木と針金で手作りです。

e0153357_20414816.jpg













ピクトグラムの創始者と言われる、スイスのオットー・ノイラートの「BODY OF A MAN」という作品を手作りの額に入れました。

e0153357_20421782.jpg









最後に、いまできたての作品をご紹介します。毛が抜けてしまったブラシ(当然海岸の拾い物)に帆を張って工作用の木お丸棒の水兵さんが手旗信号を送っています。
甲板にはどういうわけかちっちゃな海綿が…。バアバの最新作です。

自分たちが欲しいな、いいなと思うものを、お客さんも「いいね」、「かわいいね」と言ってくれるの楽しみで、店やってます。
[PR]
by love-all-life | 2009-05-06 20:42 | その他 | Comments(0)