HAND & SOUL

HAND & SOUL「モノ」がたり 6 <6段入れ子家具>

e0153357_2023587.jpg








箱根・宮の下のお土産屋さんで、これが最後ですと言われて求めた箱根細工の入れ子の<家>です。裏に見本と筆書きがあって、うちの宝物の一つです。
入れ子の箱根細工は箱根土産の定番のひとつでしたが近頃はあまり見かけなくなりました。
ほかにこけしや達磨の入れ子などがあって、箱根に来たロシアの宣教師が持ち帰って生まれたのがマトリョーシカだと言われています。

昔、お花見というと、今のように山ほどのプラ容器をその都度捨てるようなことはしないで、何代も伝わる漆塗りのお弁当箱に沢山のごちそうをいろいろな箱に詰めて行き、帰りは入れ子のひとつの箱にして持って帰るという智恵と文化がありました。
そんな先人の知恵から生まれたのが、Designed byバアバの多機能入れ子の家具です。

e0153357_2017014.jpg












飾る、収納する、腰掛ける、足を乗っける、踏み台にする…、用途、使い方は変化自在、不要なときは50×50×25cmの箱になってしまします。
材料は、野地板という屋根の下地などにする最も安い、表面もざらざらな杉板だけを使います。
板の厚さが12mmなのでとても軽くしかも構造的に丈夫です。白鴎が座っても大丈夫でしょう(多分)。

e0153357_201758100.jpg

表面の仕上げは、ダークグレーのアクリル系塗料を下塗りした上にミルキーホワイトを塗って、乾燥してからサンダーをかけると、上の塗料がとれて下地がでてきますが、板の表面が粗面なので適度に木目が見えてきます。
塗装でカバーしながらも自然の表情が見える独特の味わいがあります(多少自画自讃)。
ジイジはこれを「ドブ板家具」などと言いますが、バアバは「リンゴ箱家具」と呼んでいます。
いずれにしてもどこかで二人のノスタルジーと結びついています。

e0153357_20221944.jpg












6段入れ子家具 1セット ¥38,000
[PR]
by love-all-life | 2009-05-28 20:35 | 「モノ」がたり | Comments(0)