HAND & SOUL

カマクラある記 2

e0153357_17234720.jpg






気象庁はとっくに梅雨が開けたと発表したのにぐずぐず居残っていた、落ちこぼれの梅雨もどうやら退散したようなので、由比ケ浜までいつものコースを散歩。

e0153357_17243640.jpg



















しかし海岸は、日は出ているのに、そうやすやすと夏にはさせないぞと出し惜しみするように、霧のベールで覆われていました。

e0153357_17251680.jpg

カレンダーではすでに2回目の夏休みの日曜日、朝7時というのに海岸はすでにかなりの人出です。
ジョギングする人、犬の散歩をする人、サーファー、海水浴客、ぼんやり霧の沖に目をこらす人・・・。
サーファーは午前10時まで、10時から5時まで海水浴、と普段は棲み分けができているのですが、
今日はすでに水遊びをする人、海水浴かサーフィンかわからない初心者などが入り乱れて、
霞んだ海辺に白昼夢のような情景をつくっていました。


海辺の賑わいをよそに、街はまだお目覚め前。
e0153357_1813037.jpg

人の足が海に向かう夏は、HAND & SOULも開店休業かな?
[PR]
by love-all-life | 2009-07-26 18:28 | カマクラある記 | Comments(0)