HAND & SOUL

カマクラある記 3

e0153357_1918249.jpg








「カマクラある記」とい言うには憚れる、HAND & SOULから歩数にして250歩たらずのところに「銭洗弁天」があります。正式には「鎌倉銭洗弁財天宇賀福神社」といいます。

鎌倉の観光名所といえば大仏さん、鶴岡八幡宮、円覚寺、建長寺などが代表格ですが、弁天さんは規模で言えば、それらのBIGには比べようもないほど小粒ですが、参詣者の数では遜色ないほど多くの人が訪れます。
その理由は言うまでもなく、弁天さんの清い湧き水でお金を洗うとお金が増えると信じられているからです。
北海道や九州から飛行機でやってくる人もいるそうで、そんなうわさがさらに人を集めているようです。
休祭日と巳の日はあまりに人出が多いので、弁天さんに到る道は車輛規制になるほどです。

e0153357_19185498.jpg

竹のザルに入れたお金を、池の水を柄杓で掬って洗い清めるのですが、硬貨を洗う人はむしろ少数派で、大抵は紙幣です。
濡れた万札を一枚大事そうにハンカチで拭う人、束の万札をビニールで包んで何回も洗う人、なかには株券や預金通帳を洗う人も少なくありません。
人の欲がとても素直な形で現れるところです。
当然のことながら、経済不況は弁天さんにとっては福の神です。

e0153357_19193137.jpg

HAND & SOUL も商売を始めたのですから、当然のことながら弁天さんのご利益(ゴリヤク)に大いに預かりたいところですが、実は残念ながらあまり期待できないのです。
というのは、たしかにHAND & SOULのすぐ近くの参道は相当の人通りですが、その人たちはお金を増やすことには関心があっても、使うことにはあまり関心がないからです。
実はもうひとつ期待薄の理由があるのです。
うちの息子(現在44才と42才)たちが小学校にあがる前、与えた憶えのないお金をもっていたので問いただしたら、弁天さんの池の底に落ちている小銭を拾って来たことが判明、バアバ(当時はママ)が慌てて弁天さんに連れて行って平謝りに謝ったのですが、それ以来何度お参りしてもどうもご利益がないのです。
その時の罰(バチ)が当っているのではないかと思っています。
神さまが与える罰にも時効があってくれればと、それだけが切ない神頼みです。

e0153357_19201767.jpg
[PR]
by love-all-life | 2009-08-01 19:35 | カマクラある記 | Comments(2)
Commented by やべっちΘ at 2009-08-03 18:28 x
去年のGWに家族で銭洗弁天に行きました。
その時は、とにかく人出が多かったので50円玉(1個)に水をバシャっとかけた程度しか洗えませんでした。
しかも、財布に戻した直後に他の50円玉と混ざってしまい、どれがどれやらわからなくなって、使ってしまいました。
ちょっと前に「芋洗坂係長」というお笑い芸人がTVに出ていましたが、GWの弁天は人だかりの山で”芋洗弁天”でした。
これも一種の風物詩か?などと思ってましたが、毎週末あんな状態になってしまうんですかぁ・・・。
Commented by love-all-life at 2009-08-05 13:16
今度弁天さまにくるときは必ず知らせてくださいね。

たしかにGWとお正月は”芋洗弁天”となります。
そのおこぼれが周辺にもおよぶ”銭払い弁天”であってくれればいいのですが・・・・。