HAND & SOUL

HAND & SOUL「モノ」がたり 22 <ひなたぼっこのサイドチェスト>


e0153357_120243.jpg





この夏さき、バアバが長岡のギャラリーmu-anでの展覧会に出品したサイドチェストです。
展覧会のタイトルは「ひなたぼっこ」。
ぽかぽか、ぬくぬく、うららかな陽だまりのような家具を・・・そんな気分でつくられた家具です。

e0153357_1205487.jpg


























家具にはどれほどの自己主張が許されるのでしょうか? 
一方には、作者の自己主張は限りなくゼロに近づけて、機能に徹底的に寄り添うことが結果的に美しいものを生むのだという「 Form Follows Function」なんていう考え方があって、人間のサイズや動作を数値化して最も合理的な1本の曲線を導き出すといった家具が存在しますが、また一方にはアートとしての家具なんていうのもあります。
ま、答えは「それはケースバイケース」ということになるのでしょう。
オフィスでの業務や宇宙開発のように、そこで過ごす人の目的が極めて単純明快な場合の家具調度には、人間工学に基づいた合理性にそれなりの意味があるのでしょうが、私たちの暮らしの中での動作や動きはとても多様で複雑であるばかりでなく、感情や気分によって日々刻々千変万化します。
だからそんな人間のわがままに対応するには、こちらもある程度かわままでいいのではないかというのが私たちの立場です。とくにバアバのつくる家具はそうです。

e0153357_1214783.jpg

このサイドチェスト、杉板で組立ててアクリルペイント塗装した本体をサンダーでエイジング仕上げしました。天板は海岸で拾った廃材です。特徴的な、引き出しのツマミのウキと糸で繋がった開き戸のカンヌキの魚は、使う人がそれぞれの思い出や物語りをつくるきっかけになればと思います。
何を入れるか、どう使うかどうぞご自由に。ただ、これが置かれた周りにゆったりとした時間と空気が漂えばいいなと願っています。


ひなたぼっこのサイドチェスト  W 435 × D 270 × H 680mm ¥30,000  
[PR]
by love-all-life | 2009-09-15 13:14 | 「モノ」がたり | Comments(2)
Commented by さわの at 2009-10-01 10:01 x
鎌田先生こんにちは!
福田研究室の澤野です。
(結婚して山下になりました・・!)
あんまりステキなチェストなので
コメント書かせてください^^

チェスト、とても奥様らしいチェストですね!
ルアーやお魚の遊びがあるのもとてもかわいいです。

お店出されたことをこのblogで知りました。
鎌倉に遊びにいく際は、ぜひ寄りたいと思います!
Commented by love-all-life at 2009-10-01 20:49
澤野さん(今回まで澤野さんと呼ばしてくださいね)、結婚されたことは福田さんから聞いています。
遅ればせながら、おめでとうございます!
きっとすばらしい伴侶にめぐり会われたのでしょうね。
あなたらしいおしゃれで幸せなご家庭をつくってください。

ボクのほうはブログわかるようにお分かりのように、お店
ごっこを楽しんでいます。

ぜひご主人と鎌倉に遊びにきてください。
再会を楽しみにしています。