HAND & SOUL

HAND & SOUL「モノ」がたり 25 <みんななかよし>


e0153357_19504178.jpg





オバマ大統領のノーベル平和賞受賞のニュースが世界を駆け巡りました。アッと驚き、ヤッターと快哉を叫ぶ人、待てよ、最大の核保有国でありながらまだ何も実績を上げていないのにと首を傾げる人、言葉で世界を動かすパワーのある人の発言への期待票じゃないのと分析する人と反応は様々ですが、ま、とにかく核のない平和な世の中へむけての追い風であることには違いないので、ここはひとまず「歓迎!」としましょう。
でも個人的な気持ちとしては、核廃絶による世界平和への貢献でノーベル平和賞が贈られるのなら、受賞者は唯一の被爆国で戦争放棄を誓っている日本人の誰かであって欲しかったというのが本心です。

e0153357_1952693.jpg





個人として核兵器や戦争のない世の中を望む声はおそらく地球上に住む人の数だけあるはずです。ところが立場が一旦いち生活者から、企業や団体や国家や民族の一員となるとまったく正反対の動きをする人が少なくないのは困ったことです。
一方で個人の気持ちをそのまま社会活動として取り組んでいる人も少なくありません。
終戦間近に戦災を蒙って町の80%を失った長岡で画廊を営んでいるMさんは、毎年市内外のアーチストなどから戦争と平和に因んだ作品とメッセージを募って、終戦月の8月に市内のホールで「戦争と平和」展の開催を続けています。
そして長岡に15年近く住み、誕生日が8月15日のバアバは、毎年必ずこの展覧会に作品参加します。

e0153357_19524557.jpg





今年の作品は手作りの縫いぐるみ人形でした。6体の人形は白人、黒人、東洋、アラブ、ユダヤなど多様な民族衣装を着けています。タイトルは「みんななかよし」です。
小さな子どもたちが無心にお人形遊びをするうちに、知らず知らずにいろいろな種類の人たちがこの地球上にいることを知り、みんな同じくかわいらしく、どれも親しい友だちになれることを感じて欲しいという、子供たちへのバアバからのメッセージが込められています。

展覧会が終わって戻ってきた人形たちは、いまHAND & SOULのバスケットのなかで仲良く共同生活をしています。

e0153357_19533116.jpg























「みんななかよし」人形(身長約28cm) 1体   ¥2,500(売上金はユニセフへ寄付します)
[PR]
by love-all-life | 2009-10-13 14:35 | 「モノ」がたり | Comments(0)