HAND & SOUL

HAND & SOUL「モノ」がたり 32 <ウォールデンの小屋>>


e0153357_1852281.jpg






ジイジの書棚にヘンリー・D・ソローの「森の生活」があります。今井嘉雄訳で大正14年発行なので旧仮名づかいで、布ばりの表紙は茶色に変色してしまっています。10年以上前に鎌倉の古書店で見つけたものです。
世の中が環境問題に耳目を向けるようになって以来、自然環境保全を考える古典として取上げられることが増えているようです。
文明社会から距離をおき、マサチューセッツ州コンコードのウォールデンの池のほとりに小さな小屋を建て、生きるために必要な最小限のものしかもたず自給自足で単身大自然と向き合う生きざまが、日本人にとってはどこか良寛さんの姿や、「清貧」という言葉のイメージを思い起こさせて親しみを覚えるのかもしれません。

e0153357_1865100.jpg











読んでみると周辺の自然の克明な観察記録であり、ある種の思索の書なので、まるで歩きづらい山道を行くようで、それほど読み易い本ではありませんが、いたるところで可憐な野の花に出会ったり、ハッとするような眺望がひらけるような、すてきな言葉やセンテンスに出会います。
例えば、
「幸福とは蝶々のようなものである。それを追っかけようとすると逃げていってしまうが、他のことに関心を向けていると、そっと飛んで来て肩に止まる。」
とか
「暮らしを簡素にすればするほど独り住まいは独り住まいでなく、貧乏は貧乏でなく、弱点は弱点でないとわかります。」
とか
「世の人々は楽しみを外に求め、社交や芝居見物に余念がないが、ボクの生き方には少なくとも一つ長所があった。ボクには生きること自体が 楽しみとなっているので、鮮度が落ちることがない。ボクの生活はまるで見せ場がいくつもある終わりのないドラマだった。」
などなど
まるでジイジの好きな言葉「Less is More」を地で行く生活です。



さて前回に続いて、クリスマスシーズンなので、世の店にならって何かプレゼント用の作品をと、つくってみたのが、今回の「モノ」です。

e0153357_1894529.jpg

























ソローがウォールデンの池畔につくり住んだ小屋をイメージした木製の香炉です。モミの香を炊くと煙突からゆらりと煙が上って、お部屋はまるでウォールデンの森の空気に包まれる・・・はずですが。


「ウォールデンの小屋」 9(w)×12(d)×12cm(h)  ¥4,000
[PR]
by love-all-life | 2009-11-28 18:37 | 「モノ」がたり | Comments(0)