HAND & SOUL

2010.1.1


e0153357_1014335.jpg





あけましておめでとうございます。

いつもは寿福寺の除夜の鐘を万感を込めて突いてから、初詣客にざわざわと賑わう真っ暗な道を人々の流れに逆らうように若宮大路を大町の本覚寺まで歩き、普段の静かな佇まいが信じられないようなお祭り騒ぎに元気づけられてから家路に着くというのが年越しの定番コースでした。
昨夜、今年は長谷寺に行こうとお誘いを受けていたのですが、お正月の準備が整わないのでと言って珍しくパスしてしまいました。こんなことは今までなかったのに・・・年末になってバアバ共々50年来の友であり敬愛するデザイナーの小島良平君が亡くなって気落ちしていたせいか・・・やっぱりトシか。

でも昨夜はゆっくり寝たせいで明け方目が覚めたら、うっすらと白んだ空に月が異常な明るさで輝いていました。一瞬太陽と見間違うほどの明るい月が向かいの山の林に落ちて行く光景は何かの啓示のようでもありました。
初日の出を仰ぐかわりに落月の輝きを見るとは、これは一体何の暗示なのだろうか。
年相応に輝けよという神の啓示と受け止めることにしましょう。

皆さまにとって2010年が輝かしい年になりますよう心よりお祈り申し上げます。


HAND & SOUL
1日、2日、3日、オープンしております。
[PR]
by love-all-life | 2010-01-01 10:10 | その他 | Comments(2)
Commented by nobu at 2010-01-01 17:59 x
あけましておめでとうございます。奈良の元旦は静かです。
ここ数年、近所に住む両親と屠蘇を祝うのですが、今朝は切りつけるような冷たい風が強くて、体に力を入れて息をつめながら歩きました。そういえば子供のころは大晦日の夜、氏神さんの境内で大きな“ドンド(焚火)”にあたるのが楽しみでした。
今年もこの日記を楽しみにしています。
Commented by love-all-life at 2010-01-01 22:38
おめでとうございます。
昨年末に瀬戸内・高松に行き、この時とばかり、あちこちでさぬきうどんを食べましたが、nobu さんの手打ちに勝るものには出会えませんでした。