HAND & SOUL

ラナンキュラス

小学2年の孫娘E子は算数がちょっと苦手です。2年末期なのに二桁の足し算をこっそり後ろ手で指を使って計算したりしていますが、なぜか草花や昆虫のこととなるとすごくくわしいのです。

e0153357_1853225.jpg















先日、人からいただいた立派な生花を見て「あッ、ナランキュラス!」と言い当てました。さらに「ラナンキュラスの花びらは130枚あるのよ」と言って、まわりの大人を驚かせます。「そんなにあるはずないじゃない」「いや、100枚くらいあるって聞いたことがある」など、いろんな意見が出て、「それじゃ花が枯れたら数えてみましょうね」ということになりました。

e0153357_186532.jpg















今朝起きたら、E子がゆうべ萎れて落ちた一輪の花びらを一枚一枚ばらしてテーブルに並べています。数えてみたら何と250枚、まだ芯には小さな花びららしきものがくっついているではありませんか。
家族一同食卓を囲んで、「へェーッ」「すごーい」「それにしても、なんでこんなに沢山の花びらが必要なんだろう?」「きっと寒がりなんだね」「いや、立派に見せるためなんだ」「ラナンキュラスってえらいね」などと、春めいた朝にふさわしい会話になりました。

e0153357_1864341.jpg















自然には不思議なことがいっぱいあっていつも驚かされますが、それにはどれもちゃんとした理由があることを知って再び驚きます。
ラナンキュラスの花びらの謎にもきっとそれなりの理由があるに違いありません。E子が近いいつの日か謎解きをしてくれることを楽しみにしています。
[PR]
by love-all-life | 2010-01-28 18:16 | 自然 | Comments(2)
Commented by sagami M&M作男 at 2010-01-29 12:17 x
不思議に思ったら、すぐやってみるところは、さすがE子博士ですね。
「算数もがんばって」とお伝え下さい。
わたしは、算数が好きでした。でも得意ではありませんでした。
それが、数学と、呼ばれるころになると、かなりひどいことになりました。
数学も好きでしたが、「面白いトコロ」が先生の意図するトコロとは、かなりずれていたようです。
試験のため、修行のように繰り返した勉強も、大人になって、
意外なところで使うことになったりして「人生に無駄はない」を実感しましたが…。

苦手を無理やり頑張るのが良いことなのかは分かりませんが、
ラナンキュラスのなぞを解くために必要になるかもしれませんので。
もっとも、E子博士のことだからすぐに、「得意」に変わるような気もします。
「ラナンキュラスのなぞ」わたしも、楽しみにしたいと思います。
Commented by sonomi at 2010-02-02 20:48 x
こんにちは!
ラナンキュラスなんて名前だって知らなかったのに、この花びらの数の多さには感動しました。すごいすごい!
ラナンキュラスって、きっとすごく恥ずかしがり屋さんなんじゃないかなぁ。かわいいですね!