HAND & SOUL

HAND & SOUL「モノ」がたり 44 <一寸法師>


e0153357_10135788.jpg




不幸のどん底にありながらも「凛々しい」少年の姿が忘れられないと前ブログで書いて、待てよ近頃聞かなくなったこの言葉、割合い最近聞いたなと思い返して、バアバの「一寸法師」を評して凛々しいという言葉が使われていたことを思い出しました。

今年もバアバの雛人形はほぼ完売の人気でしたが、5月の端午の節句にも男の子向けのものが欲しいという声が以前からあり、その要望に応えて取組んでいるのが「一寸法師」人形です。
なぜ一寸法師なのか本人に聞いても明快な答えはありません。たまたま家にある古いおとぎ噺絵本に触発されたのかもしれませんし、いかめしい武将や金太郎より、小柄なバアバは小が大を征する一寸法師に共感するところがあったかもしれません。

e0153357_1011656.jpg










つくり方はお雛さまと同じで、1塊の桂の材木を胴体と手に分けて小刀で彫り込んでいきます。この段階でかなりの量のバンドエイドを必要とするのも、ジイジの研ぎのヘルプもお雛さまのときと同じです。彫り上がった人形を着色し顔を描き、手と胴体を針金で連結します。一方で古布を縫ったり刺繍したりして小さな衣裳を何枚かつくります。この姿がジイジのお婆さんの針仕事の姿と重なるのも同じです。衣裳を着せて朱塗りのお椀に入れ箸を1本添え、おむすびのお弁当を背負わせて出来上ります。

3年前に初めての「一寸法師」を、当時住んでいた長岡の画廊で展示したとき、見に来てくれた人の最初の反応が「まあ,凛々しい」でした。

e0153357_10114393.jpg



















バアバは二人の男の子を産みました。小さかった時分の子育てでは嘘をつかないこと、自分が嫌なことをヒトにはしないこと、ハンディキャップのある同級生と親しくすることをなどを厳しくしつけていました。きっとやさしさと勇気を併せもつ「凛々しい」人間になって欲しいという思いがあったのでしょう。いまやその二人も四十を超えるメタボぎみの中年男になり果てましたが、6人の孫のうち男の子の三人にはやっぱり「凛々しく」という願いがあって、その思いが知らず知らずに「一寸法師」の姿に表れるのでしょうか。
ふと一寸法師が刀を差していないのに気がついて「刀がないじゃない」と云うと、バアバは「わざとよ」と答えました。バアバは強い男よりやさしい男をお好みのようです。
[PR]
by love-all-life | 2010-03-29 10:30 | 「モノ」がたり | Comments(2)
Commented by remmikki at 2010-03-29 19:43 x
なんと可愛い一寸法師。赤いお椀と一本のおはし、素敵!男の子は凛々しくに同感、強いよりやさしい男とバアバさんに同感です。
Commented by love-all-life at 2010-03-29 19:59
ありがとうございます。バアバ