HAND & SOUL

HAND & SOUL「モノ」がたり 49 <椅子でない椅子>


e0153357_1843048.jpg







二本足歩行を始めた人類は、立った姿勢でいると絶えず体重を支えたりバランスをとったりしなければならないので、その負担から逃れるためにしょっちゅう座ります。
この「座る」という行為には、椅子のような道具を使う洋風の「腰掛ける」と、和風に足を組んで床などに「腰を下ろす」がありますが、ネットをみていたらその中間的な「座る」があることを発見、またそのための道具があることを知りました。

e0153357_18434976.jpg








スイスのVitra社が今年のミラノ・サローネで発表した、その名も「Chairless」(写真下)というものですが、もとはと云えばパラグァイのアヨレオ族の風習(写真上)から着想を得たものだということです。
足を組んで座ることを当たり前と思っているわれわれ日本人にとっては「へー、面白いね」くらいですが、何事も道具をつくって解決しがちな西欧人にとっては、「何だこりゃ!」と、道具というものの観念を180度変えてしまうくらいの驚きではないでしょうか。

e0153357_1923429.jpg








実物が手に入らないのでロープを結んで試してみました。なにやら「お縄ちょうだい」みたいな姿になりましたが、なるほど紐1本でずいぶん楽です。長時間でどうか1時間ほどテレビの前に座っていたら、細いロープなので背中が少し痛くなったものの、Chairlessが帯状になっていることにも納得でした。

一枚の布や、葉っぱ、1本の紐や、枝や、骨・・・、先人の知恵に学ぶことはまだまだありそうですね。

参照:
www.vitra.com/chairless/
www.excite.co.jp/ism/concierge/rid_15239/
[PR]
by love-all-life | 2010-04-30 18:50 | 「モノ」がたり | Comments(0)