HAND & SOUL

HAND & SOUL「モノ」がたり 52 <白シャツ、大好き!>



白シャツ × 夏とかけて・・・

e0153357_1423832.jpg







ジイジの答えは映画「太陽がいっぱい」(ルネ・クレマン監督・1960年)です。古いですねー。若い方には同じ原作のマット・デイモン主演の「リプリー」がお馴染みでしょうけど。

イタリアのリゾート地を舞台に、金持ちの放蕩息子に腰巾着のように侍る、貧乏でそれはもうすごい美貌の若者トムを演じるアラン・ドロンが素肌に羽織る白のYシャツ姿が何ともカッコよかったのです。
出世作となったこの映画でA・ドロン(まさにはまり役)は、富豪の息子フィリップのそばでは卑しさを隠しきれないトムと、フィリップを殺害して富豪に成り済ますトムを、いずれも白シャツを着て演じ分けていました。というより白シャツのプレーンさ無個性さが中身の「人間」をいっそう際立たせる効果を発揮しているかのようでした。
白シャツ一枚であんなにカッコよくなれるならと、シワだらけの白シャツを物干から抜きとってきてボタンを三つほど外して素肌に羽織ってみたりしましたが、悲しいかな中身の違いを思い知らされただけでした。

バアバは?と聞いたら、映画「ハムレット」(1948年)のローレンス・オリヴィエですって、古すぎーッ。ま、たしかにあふれる気品と内面の苦悩を一身に負う、若きデンマーク王子を演ずるR・オリヴィエには純白のシルクのシャツほどふさわしいものはありませんでした。

お腹でしばれば70年代風、ベルトでローウエストできめれば80年代風、Tシャツやタンクトップと組み合わせれば今風と、纏うことで人はいかようにも自分を演出することができるのが白シャツの不思議です。この白のマジックパワーを先刻心得たバアバは、いまお店の中のシャツを全部白シャツにしてしまおうと企んでいます。

e0153357_1334869.jpg
e0153357_1334263.jpg

①Yシャツなんだけど・・・この微妙な差がモノを云う・・といいな。¥8,000
②胴は異常に短く、袖は異常に長く・・・隠すところは出して、出すところは隠して・・・夏だから。¥3,000(ネックレス別)
③ボタンを全部違えたカーディガン・・・あっ、ボタンがない!・・・そんなときも心配ご無用。バアバのボタンコレクションから生まれました。¥5,000
④浜風や、強すぎる冷房・・・冷気を防ぐサマーセーター。¥5,000(ネックレス別)
[PR]
by love-all-life | 2010-06-28 14:07 | 「モノ」がたり | Comments(0)