HAND & SOUL

HAND & SOUL「モノ」がたり 55 <LOVE EARTH>


e0153357_18323763.jpg






岡倉天心の「茶の本」の第六章「花」はこんな言葉で始まります。
「春の東雲(しののめ)のふるえる薄明に、小鳥が木の間で、わけありそうな調子でささやいている時、諸君は彼らがそのつれあいに花のことを語っているのだと感じたことはありませんか。」
その物言いを借りるなら、
寄せては引く波が浜の小石をさらう音を聞いて、あなたは創造主がひとつひとつの小石に造形と彩色の呪文をかけていると感じたことはありませんか。

小石の表情に関心を持つようになってもう20年もたつでしょうか。きっかけはビーチコミングでした。流木、貝殻、ガラス瓶、プラスティック製品・・・大抵の漂着物はそのものの素性が何であったかを推し量ることができますし、想像でかっての姿と現在を比較してその変貌の様を味わったり、その経緯を辿ってみたりする楽しみがあります。また流木や貝殻のような生命体だったものや工業製品には一定の規則性や形式があり、自然物ではその秩序性が人に魅力を伝える力になりますし、かっての工業製品では逆にその秩序が崩れて行く様子に面白味を感じます。

小石は漂着物と云えないかもしれませんが、同じ自然条件にさらされて海岸に存在しながら実に謎に満ちています。18世紀の山師ならぬわが身としては、それぞれの小石の故事来歴は何一つわかりません。どうしてその形なのか、その色なのかすべて謎です。理解の手がかりとなるような規則性や秩序はどこにもありません。何色と名付けることもできない微妙な色味やフォルムや表面に表れたパターンの不規則性こそが小石の魅力の鍵であるように思えます。

手のひらにとった小石を眺めていると、宇宙の彼方に漂う惑星のようにも見えますし、宇宙から眺めた地球自身の姿であるようにも思えてきます。そこにはあたかも美しい音楽を聴いているときのようなすべての理性を超えて想像と感性だけで向き合う鑑賞の瞬間があるだけです。

e0153357_1803123.jpg
e0153357_1812828.jpg
e0153357_1815151.jpg
e0153357_1811415.jpg



LOVE STONE 1個 ¥200から
参考資料:「茶の本」 岡倉覚三著 村岡 博訳 岩波文庫
[PR]
by love-all-life | 2010-08-30 17:55 | 「モノ」がたり | Comments(0)