HAND & SOUL

HAND & SOUL「モノ」がたり 61 <宝箱> 

e0153357_0142079.jpg







「HAND & SOULさんでゴミ箱つくりませんか?」
「え?ゴミ箱ですか?」
「ええ、町内のゴミ箱が大分傷んでしまって新しいのと取り替えなければならないんだけど、HAND & SOULさんに作ってもらってはという声があるんですよ」
「ええ・・・ウチはたしかにモノづくりはしますが・・・戸外に何年も雨ざらしにするようなものをつくるの自信ないなァ・・・」

町内のまとめ役をしている方からの申し出をとりあえず断ってみたものの、その後なんとなく気になって、道を歩いていてもゴミ箱ばかり見ていました。
改めて世のクリーン・ステーションなるものを観察してみると、何種類かの規格もの、ただカラス害予防のネットをかぶせただけのものなどいろいろあります。規格ものにもアルミパイプに紐ネット、スチールのワイヤーで組立てるもの、折りたたみができるも、できないものとこれまたいろいろな種類がありますが、アルミパイプに緑色のネットで組立て式のものが最も普及しているようです。
現在までわが町内で使っているのもそのタイプです。比較的簡便ではありますが、以前からネットの色が派手すぎるなと感じていて、同じ緑色でもどうしてもっと自然になじむ色にしないのだろうといぶかっていました。
カタログで調べてみてもそれぞれ一長一短で、デザインの目や力がまだこういうところまでいき届いていないなということがハッキリ分かります。
そうこうしているうちにむらむらと身体の中が温かくなってきて、「よし、日本一のゴミ箱に挑戦してみるか」ということになってしまいました。

e0153357_0155798.jpg

まとめ役さんに「やってみましょう!」と返事をし、収容すべきゴミの容積を出してもらい、市のゴミ回収センターで留意すべき点などヒヤリングしてもらいました。
忙しいと渋る息子を駆り出し、敷地の地ならしは町内会の有志でやってもらい、ゴミ箱を固定する杭打ちは町内の植木屋さんにお願いし、奥さん方の応援や雑音があり、自称日本一のゴミ箱が出来上りました。

e0153357_0183141.jpg
















e0153357_0195740.jpg

出来上ったとき「これはゴミ箱ではなく『宝箱』にしましょう」と言ったまとめ役さんの言葉はうれしかった。
[PR]
by love-all-life | 2010-11-23 00:26 | 「モノ」がたり | Comments(0)