HAND & SOUL

Happy New Year 2011


e0153357_959190.jpg



















「・・あ・・けまして・・・おめでとう・・ございま・・・スー、スー、スー・・・」



暮れからお正月にかけて、居眠りばかりしているバアバ作の『なまけうさぎ』に年末年始のごあいさつをさせたことが誤りでした。
あらためまして、明けましておめでとうございます。2011年が皆さまにとってすばらしい年でありますよう、そして地球上のより多くの人々に安らぎと幸せが訪れますように願ってやみません。

ジイジ・バアバほどの年になるとこんな牧師さんのような言葉が割と自然にでてきてしまいます。近頃になってつくずく自分以外の人が幸せでないと自分も幸せではないと思うようになりました。

かって子供の頃は何が何でも自分の幸せが第一でした。大人になり伴侶をもって、自分の幸せと同じくらい大切なものがあることを知り、子供をもつようになって家族の幸せになりましたが、家族の幸せというのは言ってみれば自分の幸せの延長線上にあるものでした。自分の伴侶でもない、血のつながりもない他人の幸せが自分の幸せと感じられるというのはどういうことなのだろうか。
つらつら考えてみると、今日までいろいろな人の考え方や言動を見聞し教えられ、いろいろな人のつくったものを使って暮らし、とにかくこの歳まで大過なく過ごしてこられた「お陰さまで」という気持でしょうか。また直接・間接の関係を問わず数えきれない多くの人々によって「生かされてきた」という世間への感謝の思い、さらに自分の存在を支えている偉大なる自然への畏敬の念ということになるのでしょう。

仕事もなく年の瀬を越すに越せない若者たち、戦争の脅威にさらされて暮らす遠い国、遠くもない国の人々、飽食が原因で病魔に犯されるメタボがいる一方で飢餓で奪われる幼い命・・・幸せとほど遠い人々を生み出す地球上の矛盾、利己の結果としての数々の歪みにもっともっと敏感でなければならないと思います。
他人の幸せが自分の幸せと感じられると同じように、人の不幸は自分の不幸でもあることを肝に銘じましょう。

卯の年、もうぴょんぴょん飛び跳ねるのは無理ですが、『なまけうさぎ』ほどではないにしても、日々の暮らしは柔らかくしなやかに自然体で、をモットーに「手と心」をフル稼働したいと思います。


ジイジ・バアバ
[PR]
by love-all-life | 2010-12-31 10:10 | その他 | Comments(0)