HAND & SOUL

洟をたらした神

e0153357_18254419.jpg





このところHAND & SOULは周期的に店の半分くらいが本屋さんとなります。
そのとき店を仕切るのは次男の嫁さんのN。自分たちでつくった本や、ぜひ人に読んで欲しい本などを展示・販売するのです。
前回のときに棚に並んだ中から「これ買おうかな」って代金の100円を払おうとしたら、「ヤーダ、これジイジからもらった本よ」と言うではありませんか。「どうりで妙に惹かれると思った」と茶化してみたものの、いよいよ来るべきものが来たかと内心穏やかではありませんでした。

e0153357_18264771.jpg











再び買った自分の本とは『洟をたらした神ー吉野せい作品集』です。
前にいつどういう動機で買い求めたか、どんな内容だったか、吉野せいが誰かなど記憶がまるでないのです。
本を開くと、串田孫一が絶賛の序文を書いていて、頭の隅にこびりついていた微かな記憶にパルスが僅かに届いたような感覚を覚えます。

本書の紹介は作者の「あとがき」の抜粋が最適でしょう。
「1921年(大正10年)菊竹山腹の小作開拓農民三野混沌(吉野義也)と結婚。以後1町6反歩を開墾。1町歩の梨畑と自給を目標の穀物作りに渾身の血汗を絞りました。けれど無資本の悲しさと、農業不況大暴れ時代の波にずぶ濡れて、生命をつないだのが不思議のように思い返されます。
1945年、敗戦による農地解放の機運が擡頭しその渦に混沌は飛び込み、家業を振り返らぬこと数年。生活の重荷、労働の過重、6人の子女の養育に、満身風雪をもろに浴びました。
ここに収めた16篇のものは、その時々の自分ら及び近隣の思い出せる貧乏百姓たちの生活の真実のみです。口中に渋い後味だけしか残らないような硬い木の実そっくりの魅力のないものでも、底辺に生き抜いた人間のシンジツの味、にじみ出ようとしているその微かな酸味の香りが仄かでいい、漂うていてくれたらと思います。」

e0153357_18272281.jpg






苛酷な労働、社会改革運動に身を投じる夫、貧困の中での6人の子供の養育・・・、一方で四季の自然と幼い子供が見せる才能の輝きに生きる希望を繋ぐような暮らしを、農夫の訥弁と知性が絡み合ったような魅力あふれる文章で綴っています。まるで現代生活の裏返しのような暮らしの記録です。
吉野せいはわれわれの親と同じジェネレーションではありますが、語られている時代の多くを共有するジイジとしては、前に読んだかどうかといった脳細胞的記憶をはるかに越えて、心の奥の一番深い部分に潜む魂の記憶といでもいうようなものに直に触れてきて心動かされます。

二度目に読んでも初めて読んだようなフレッシュな感動があるというのは、喜ぶべきことなのか、悲しむべきことなのか・・・。
「最近のことはすぐ忘れるけど、昔のことは忘れないよね」、それでいいんじゃないという心境です。

●第3回目のMARGUERITE BOOKS in HAND & SOULは2月18日(金)、19日(土)、20日(日)に開催します。
[PR]
by love-all-life | 2011-01-30 18:42 | 文芸・アート | Comments(0)