HAND & SOUL

「エッ、それはないだろう」の連続

e0153357_2011817.jpg








かって聞いたこともない意味も実体も理解できない数字、それでいてわれわれの命ばかりでなく、子々孫々にまで関わる数字にハラハラドキドキする毎日です。


当初ゆらゆらとメマイを感じるような揺れに、ヤヤッどこかで大きな地震が起こったぞと危ぶむ間もなく東北地方で大震災発生のニュース。つづいて大津波の被害が出たらしいと聞いても、停電ではそれがどれほどのものか確かめる術はありませんでしたが、テレビが点いて見たスザマシイ映像にただただ戦慄を覚えるのみでした。
そしてその副産物のように原発の事故が伝えられときも、やっかいな問題が起こったなという思いはあったものの、国をあげての安全管理体制がどれほどのものだっかを検証するよい機会だくらいに考えていました。
その後の公の発表も、今回の事故はチェルノブイリやスリーマイル島の事故とは次元が異なった軽いもので心配はいりませんという趣旨のものでした。
一部にはこれは深刻なクライシスだと伝える情報もありましたが、まだスーパーに買い占めに走る人を浅はかな連中だと蔑む気持をもつ余裕もありました。

ところが水素爆発で建屋が吹き飛ぶわ、住民退避の勧告が出るわ、牛乳はだめ、ホウレンソウは食べるなということになり、炉心溶融が現実味を帯びだし、外国人が日本からどんどん脱出を始めるという騒ぎに、「それはないだろう!」と慌てふためいて、シーベルトなどという分けも分からない数字に一喜一憂する事態となってしまったのです。

毎日のテレビニュースで紹介される、何事もなければ一生目にすることなかったであろう原子炉の内部の詳細な図面や専門の大学の先生の話を、原子力工学のむずかしい授業を聞く学生のように固唾を呑んで見、耳を傾けてきました。ところがだんだんと素人の目からも「何か変だぞ」という気持が高まってくるのを禁じえません。

現場が危険で核心に近寄れない?それならロボットを使えばイイじゃん。エッ、世界に冠たるロボット大国の日本にそんなロボットもないの?
決死の覚悟の作業員が足を被爆してしまいました。エッ、長靴も履いていないの?
とにかく原子炉を水で冷やすことが肝心と言う一方で、水をじゃんじゃんかけると放射能を含んだ水が外に溢れ出て危険。
・・・このような話は物理学のむずかしい話でも何でもなくて、中学生レベルの智恵の話ではないか。
日本の科学知の殿堂といっても過言ではない(と素人は考えていました)、究極のリスク管理をしてきたはずの原発で何故こんなことが起こるのか、疑問やいらだちは高まるばかりです。

どうも思うに(もちろん素人考えですが)、東電や原子力安全・保安院のリスク管理とは、予測し得るリスクに対してどう対処するかがリスク管理であって、予測し得ないリスクはそもそもリスクとは考えていないということではないのか?
「津波のリスクですか?はい大丈夫です。これまで来たこともない9メートルの大津波が来たってこのような対応策でしっかりと防ぎますよ。」とミエを切って済ましてきたのではないか?
とことろが10メートルをはるかに越える津波が来てしまったらどうなるか。「これはリスクではないのだから対応策もありません。たんなる災難です。」と言っているのが東電であるようにしか感じられません。
われわれはリスクと災難は同じものだと思っていましたが、東電ではどうも違うものらしい。

ついでにもうひとつ素人考えですが、福島第一原発の中味はGEが開発した設備らしいのです。つまり外国製の設備を導入して、マニュアルに従って運営されているのが福島第一原発なのです。自分たちが工夫してつくったものではないので、マニュアルに沿って運転しているかぎり支障はないが、ひと度マニュアルに書かれていないことが起こってしまうとボロがでてしまうというのが今回の状況ではないかと想像されるのです。
企業のリスク管理をいくら徹底しても、国民のリスク管理が不完全であれば結局は企業のリスク管理も破綻するというのが原発というものの宿命なんですね。

今回の事故からどのような教訓を得るべきか、まだ結論を出すには早過ぎるとは思いますが、
とりあえず、
国や企業が守ってくれる安全とは、国や企業が守れる安全であって、すべての安全ではないということ。
語彙や数字の意味は専門家にまかせてもよいが、いざというとき自分を守るのは個々人の智恵であること。
自然への畏敬はどれほど大きくても大きすぎることはないということ。
こんなことを感じる日々です。
[PR]
by love-all-life | 2011-03-31 19:56 | 時事・社会 | Comments(2)
Commented at 2011-04-02 17:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by love-all-life at 2011-04-02 18:36
横山さんへ

こちらからお見舞いをする前にお便りをいただき恐縮です。まずはご無事で何よりです。
ずいぶん怖い思いやご不便をされたでしょうね。
造形大にいたとき女川港のマリンパルという立派な施設で流木の魚の展覧会をしたことがありましたが、跡形もなくなっているのをTVで見て今回のツナミの恐ろしさに慄然としました。た
しばらくは何かと大変だろうとお察ししますが、持ち前の明るさで周囲を元気つけてください。
何か支援できることがあったらお知らせください。 鎌田