HAND & SOUL

HAND & SOUL「モノ」がたり 74 < 流木のシェフ人形 >

e0153357_2052975.jpg






バアバの流木人形シリーズのニューフェイスは、前掛けのポケットにナイフとフォークを入れてECO COOKを標榜するシェフ人形です。
例によって手、脚、頭が流木で、胴体は縫いぐるみになっています。鼻はあるものの、眼や口を描いていないのでちょっと小粋な感じです。鼻の頭が少し赤いのは、調理の合間にチョビチョビ呑むワIインのせいかもしれません。


e0153357_20405243.jpg










さて、これに使われている流木がフランスから流れてきたかどうか定かではありませんが、拾ったのは駿河湾の千本松原です。地名としては沼津市の千本浜というところです。富士山を背に千本どころか田子ノ浦まで30万本もの松林が延々続き、日本100景、日本の白砂青松100選にも選ばれているなかなかの景観です。松林の向うに富士山が浮かぶ写真が撮れることでも人気があるそうです。
かって静岡県の松林伐採計画に対して、歌人若山牧水が先頭に立って反対運動を起こし、計画を断念させたという自然環境保護の聖地としての顔もあります。
白砂青松といっても、沼津港をつくった影響で、砂が減り小石の海岸となっていますが、ここに漂着物を拾いに行くジイジ・バアバにとっては、収穫物が砂にまみれてなくて都合がいいし、ジイジにとっては好きな小石の宝庫でもあるのです。
残念なのは、海岸と松林の間に、東海地震説が発表されてからつくられたツナミ対策としての防波堤が走っていて景観を汚していることです。ジョギングにはもってこいのルートですが、今回のツナミ災害を知ってしまっては、この程度の堤が備えになるのかと頼りなげに見えて、イザとなったら何処に避難するのかなと思わず富士山の方へ目を向けてしまいます。

e0153357_2051382.jpg




















ま、平時には誠に穏やかで風光明媚なところからやって来たシェフ人形のお得意メニュはと言えば、やはりシーフードでしょうか。

<シェフ人形> 身長 260mm  1つ ¥3,200
[PR]
by love-all-life | 2011-05-11 20:59 | 「モノ」がたり | Comments(0)