HAND & SOUL

HAND & SOUL「モノ」がたり 75 < Red & Whiteで元気を>

e0153357_859861.jpg







この時期、自然はもっともよき姿を見せてくれます。5月の明るい光の慈愛を得て、すべての命は活力と喜びを発散しています。まるでふた月半前に東北で暴れ破壊しつくした凶暴な自らを申し訳なかったと埋め合わせをしているかのようです。

3.11の被災者の方々の悲しみや苦しみを推し量り、その痛みを感じる想像力をもつことは大切ですが、といって被害者でもないのに一緒になって沈み込んでしまうのは、隣の子がケガをしたのに一緒に泣いているようで変だし、復旧・復興に必死で取り組んでいる関係者のアラ捜しのような不平ばかりを鳴らしているのもいかがなものか、いずれもこれからの被災地の復興に向けて求められる創造的な姿勢でも生産的な態度でもありません。
いま必要なのは、これまでの暮らしや原発への反省と批判を片一方のポケットに納めながら、もう一方のポケットから元気を取り出して、それぞれの持ち場での動きを活発にすることではないでしょうか。

そこで、さてHAND & SOULとしては何をすべきかねという話になり、やっぱり気分が晴れるようなモノづくりじゃないだろうかということになるや、・・・バアバはもうメリヤス生地が入っている段ボール箱を覗いて物色をし始めます。バアバはいつも瞬間的にイメージがひらめくのです。そして、ひらめくとすぐに身体が動き始めます。できあがったのは、赤白のボーダー柄のシンプルなTシャツと、同じく赤白ビーズのネックレスでした。
機先を制されたジイジは、「う〜ん、やっぱりメッセージじゃないかな」としばし考えて、「いまは、これしかないだろう」と決めたのは"SAVE ENERGY"を唱うメッセージ額です。

e0153357_9052.jpg



















e0153357_922440.jpg
バアバが娘時代に憧れたアメリカン・ポップ調の半袖Tシャツ。 
¥2,000



e0153357_942566.jpg
これからの軽装に心も軽く、ビーズの小ぶりなネックレス。 
1本¥1,500



e0153357_951063.jpg
土木工事現場に捨てられていた測量用赤白丸棒を半分に割ってつくった額縁です。スライスした枝にゴム印でS A V E E N E R G Yの文字を押しました。 
230mm×130mm ¥2,500
[PR]
by love-all-life | 2011-05-26 09:19 | 「モノ」がたり | Comments(0)