HAND & SOUL

HAND & SOUL「モノ」がたり 76 < 神は、葉っぱのなかに>

e0153357_10112867.jpg






この時期には珍しく庭に落葉が散っていました。玄関前のコナラにテイカカズラの蔓がからみ幹を締め付けているようなので、蔓の根元をカットしたのが原因です。やっぱり可哀想なことをしたなと思いながら箒で落葉を寄せ集めてパイスケで掬い取りました。一面に散り広がった落葉は、掃き寄せるとこんもりとした小山になり、掬うと量に似合わぬ軽さで、ゴミのビニール袋ひとつにコンパクトに収まりました。
これきしの葉っぱが、コナラの太い幹に蔓が深く食い込むほどの力を太陽の光から吸取っていたのかと、最小限の材料で最大効果を生むエネルギー受容装置として、神が葉っぱに仕組んだデザインの見事さを再確認させられます。
われわれがこれほどの性能のよいソーラーシステムを得るのにはあと何年を要するのでしょうか。原子力から自然エネルギーへシフトすることを国として宣言した以上、一日も早く現実的なタイムテーブルを示して欲しいものです。
e0153357_10181432.jpg
これまでに人類が宇宙開発に向けてきた熱意と資金と技術力をもってすれば、地球上での現在のソーラーシステムの効率を50倍とか100倍に高めることなどお茶の子サイサイのような気もしますが、神に近づく道のりは宇宙よりもさらにさらに遠いのかもしれません。

ま、ここは科学技術のさらなる進歩に頼るほかないなと考えてきて、ん?またしても自分たちの日々の問題をエライ専門家に委ねてしまってよいのだろうか?フクシマの問題もそうした結果として起こってしまったのではないか?と、頭の中でブーメランが飛び交います。
本当は、遅れているのは科学技術ではなくて、自分たちの心ではないか。わたしたちはいつも自分の心や精神の未熟さを科学技術の未熟さと錯覚してきたのではないか。
世の中の不都合は科学技術の未発達のせいであって、どのような不平不満もお金と科学技術さえあればいずれは解決可能といつまでも信じていてよいのだろうか。たしかにいままではそうだったし、これからもそれはある程度可能かもしれません。しかし、お金や技術開発の必要は、とりも直さず膨大なエネルギーの必要を意味し、その結果の原発です。

葉っぱを掃きながらこんなことを想い、HAND & SOULの新商品アイディアを思いつきました。
拾った落葉に”SAVE ENERGY”とスタンプで印を押し、いま誰でもができる心構えのメッセージとして、胸に付けてお互いに確認し合えないだろうかと。
e0153357_9545470.jpg


e0153357_1011129.jpg

<葉っぱのピンブローチ> 1葉 ¥500
[PR]
by love-all-life | 2011-05-30 10:20 | 「モノ」がたり | Comments(0)