HAND & SOUL

スマホ時代

e0153357_21231842.jpg








スマホの時代だそうです。
スマートフォンの売上がケイタイを抜いて、個人の情報授受の手段がケイタイからスマートフォンにとって代わられるだけでなく、スマホでは電話はその機能のほんの一部であって、パソコン機能をも併せ持つので、実に膨大な情報が手許で自由に扱える、誠に便利なものだそうです。
なにをいまさらと、若い人からバカにされそうですが、ケイタイで写真は撮らない、メールさえ送らないジイジにとっては、スマホがあれば便利なんだろうなということを憶測するものの、やれやれまた一歩時代に取り残されてしまった、というのが実感です。
なにせジイジの子供の頃は、まだ電話でさえ企業や郵便局や、ごく限られたお金持ちのお宅にあるだけで、普通の家庭では何か急なことがあると、電話のあるお宅の電話を拝借したり、電報を利用したものでした。だから、「電話ですよ」とか「電報ですよ」と言われると、「誰かが亡くなったのか!」とドキッとしたものです。

では情報過疎の世では、情報が軽んじられていたかというと、そんなことはありません。逆に得難いから情報を手にすることの重みがあったといえます。ナポレオンの敗戦の情報をいち早く手にいれたロスチャイルドが巨万の富を築き、東西の情報に通じていたが故に財を成した紀ノ国屋文左衛門の例をみるまでもなく、情報の有無が国や人の運命を左右するといった例は昔から枚挙にいとまがありません。
しかし逆に今のように、誰でもがどんな情報でも手にし得るということになると、もし自分だけが知らない情報があったら大変だという脅迫観念からネットやケイタイに見入り、情報に接したことでとりあえずホッとする・・・一日中情報と向かい合っているようでいて何の情報も得ていない、これが現代人と情報の関係だとすると、まさにモノの大量生産、大量消費、大量廃棄の構図が情報に置き換わっただけということになります。
情報が少なければそれだけ情報の相対的価値は高まるのは、空腹時のおにぎり一個は、満腹時の珍味より数段おいしいのと同じです。ひとつひとつの情報を大切に吟味しチエを加えて活かす、これこそ本来の情報化社会のあるべき姿ではないか考えるのですが、ここでもLESS IS MORの意味を思い起こして欲しいと思います。

スマホにしろケイタイにしろ、360度果てしなく広がる世界、いや宇宙空間の中で、たった10センチにも充たない四角の画面の中にだけ世界のすべてがあるかのように情報端末にしがみついている若者を見ていると、やはりどこか変だと思わざるを得ません。
指の先と眼だけに頼って生きている新生物のようです。鼻を使え、舌を使え、感触を楽しめ。手を使え、筋肉を使え、ジャンプしろ、走れ。答えにすぐに飛びつくのではなく自分の頭で考えろ。天が与えた「人」としての機能をフルに駆使しろ。何と言う肉体の怠惰、時間の浪費。槍を手に荒野を駆け巡る野人を美しいと感じないか、と言いたくなってしまいますが、これは時間も体力も残りわずかの負け犬の遠吠えなのでしょうか。

(カット写真:10-ways-the-mobile-web-is-differentより)
[PR]
by love-all-life | 2011-08-27 21:27 | 時事・社会 | Comments(0)