HAND & SOUL

国境のトンネルを抜けると・・・



e0153357_8161629.jpg








長岡へ行ってきました。
懇意にしていただいているギャラリーでの展示が終わって作品の搬出をしてきたのです。
いつものように、老いたわれわれに似合いのオンボロ軽自動車(車に聞こえると気を悪くするので、ここだけの話ですが・・・)で、往復600キロを走ってきました。
鎌倉、長岡間を関越自動車道で往復するのは、この20年間におそらく300回を下らないと思いますが、東京を抜け、しばらくはやや退屈な平地を走ってから徐々に山地に向かい、分水嶺の越後山脈の下をうがつ関越トンネルを抜けて、今度は徐々に日本海へと下っていく関越自動車道は、何回走っても飽きることがありません。
越後川口から堀之内にかけての越後三山や魚野川を望む自然景観など見どころは少なくありませんが、なかでも関越トンネルを挟む景観の変化は旅の楽しみの文字通り山場です。

e0153357_041526.jpg






かのノーベル文学賞作家の有名な「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」の言葉通り、カラッと乾燥しきった青空の下、柳宗理デザインの関越トンネルを東京側から入って7分(多くの車は5分で)、パッと一面の銀世界が目に飛込んでくるというような、越後側に抜けた瞬間の南北の景観の落差が楽しみなのです。あるときは晴天が吹雪になったり、夏の名残りがいきなり紅葉の錦になったり、またあるときは萌える若葉が満開の桜に戻ったり、逆に越後側が濡れ布団のように重い曇天だったのに水上側では天高く馬肥ゆるの秋だったりと、二つの天候や季節が行き来します。

e0153357_0423567.jpg






天気情報であらかじめその日の雲行きは知ってはいるものの、肉眼が捕えた視覚情報が直に脳に与えるインパクトは知識をはるかに圧倒します。お芝居の舞台装置が幕の上げ下げでガラッと変るように、まさにドラマッチックな転換なのです。
普通、道を南北に長距離走れば、高い山に登るのと同じように季節感が変るのは当たり前のことですが、それは、いつの間にか咲いている花が変ったとか、なんだか少し寒くなったとか徐々に進行します。しかし関越トンネルの場合は、目をつぶって開いたらすべてが変ってしまったというような文字通り劇的な変化なのです。
これを越後山脈を舞台装置とする演劇空間として越後の観光資源としてもっと売り出せばいいのにと思うほどです。
それにつけても昭和6年に完成して間もない上越線の清水トンネルを越後へと旅した一人の作家が、その体験を自作の小説の冒頭で「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」という端的な表現に凝縮させた慧眼は、たしかにノーベル賞ものとい言えるのかも知れません。
[PR]
by love-all-life | 2011-12-25 00:51 | その他 | Comments(0)