HAND & SOUL

HAND & SOUL「モノ」がたり 87 <靴型のランプ>

e0153357_121317.jpg






青山でのバアバの「雛展」の最終日の日曜日、搬出のこともあって神宮外苑の絵画館の駐車場に車を置いてギャラリーに向っていたら途中の明治公園でフリーマーケットが開かれていました。
波打ち際のゴミのなかから恰好の良い流木を探す要領で重箱の隅をつつくのがフリマの流儀でしょうが、ギャラリーの時間を気にしながらなので、駆け足で一巡り、たった一品だけゲットしました。今日の主役の靴型です。
それは靴職人が手づくりの靴をつくるときの型ですが、いつ、何処で、どのように使われていたものか、売り手に尋ねなかったのでわかりません。べつに取り立てていわくある風でもない平凡な靴型です。木の質感と手の触覚を感じさせるフォルムが気に入って「これ、ちょうだい」って言ったら無言で袋に入れてくれました。1足で1,000円でした。ま、言うところの無駄遣いです。

e0153357_1213094.jpg











バアバの展覧会の後始末の手伝いなどでバタバタと追われる日が続いていましたが、その間も次の店に展示する作品として、あの靴型を何とかできないかという想いが頭をよぎります。
袋から取り出して改めて眺めてみるのですが、なんとも不思議なカタチです。恐らく何百年にもわたって職人たちが試行錯誤の末に、靴をつくるにはこのカタチ、この構造でなければならないという必然から生まれたモノなのでしょうが、靴型以外のモノとしてはおよそ役立たずというか、意味のないフォルムです。世の機械化の波に押されてか、職人が消えてしまったためか、靴型としての役割も終えて、廃棄物同然にフリマのシートに横たわっていたのです。

偶然とはいえこちらの手許に流れ着いた以上、もうひと花咲かせてやりたいものだという、老い衰えたものへの憐憫の情のようなものを感じてしまうのは、決して人ごとではないという想いがどこかにあるからでしょう。
どうせならできるだけいままでとかけ離れた役割の方が面白いだろうなと、いろいろ想い巡らせて、バラせるところはバラして、裏返したり、立てたり、寝かしたり、いじくっているうちに、足先の部分のカタチがどこか生き物めいていて、こんなモニュメントがあったら面白いななどと考えていて、ふと裏に電球を置いてテーブルランプにするアイディアを思いつきました。

e0153357_1231858.jpg




















かくして明治公園で保護したホームレスのおじいちゃん靴型は、今度はホタルになって世の中をほんのちょっと明るくする仕事に就きます。


<靴型のランプ> 180mm(H)×180mm(W)×110mm(D)       ¥15,000
[PR]
by love-all-life | 2012-02-27 12:20 | 「モノ」がたり | Comments(0)