HAND & SOUL

孫のボランティア



e0153357_23123263.jpg






東北に災害支援のボランティアに出た孫のKが帰って来ました。朝、鎌倉駅から電話があったので母親が車で迎えにいくと言ったら、「いや、歩いて帰る」との返事。普段はちょっとでも荷物があると車の迎えを断ることなど決してないのに、15分の登り勾配を10キロ以上の荷物を持って歩いてくるというのですから、その変身ぶりに「ん、効果あり」とニンマリ。

ホルンに憑かれて芸大を目指したものの、頂点にいたる道は険しくあえなく挫折。1年だけの期限付きで浪人生活の許可を親からとりつけたものの、次のエンジンがいつかかるのやら、アイドリング状態の孫をみて、「被災地のボランティアでも行ってみたらどうだ」と声をかけたのでした。さりげなさを装っていましたが、実はそれなりの深謀の結果なのです。
1年間を後悔と無念にさいなまれてクヨクヨ過ごすのではなく、浪人して良かったと結果オーライにして欲しい。こんな時に被災地のボランティア活動に参加するのは彼にとって絶好のチャンスではないか。
座してホルンを吹くだけでなく、世の中には苛酷な状況に苦しむた多くの人たちがいることを知り、自分のためだけでなく他者のために何かする体験を積み、未知の地で未知の人と出会う。良いことずくめではないかといろいろな理屈はつけられるものの、本心をいうと本当は自分自身で現地に行ってみたいが、この歳では手足まといになるだけともどかしい思いのジイジと、新しい楽器が欲しいが金がなく体力だけを持てあましている孫、この二つをを掛け合わせると、「ジイジが費用を出して、孫が汗を流す」という答えが出てきたわけです。

e0153357_2313375.jpg















孫は友人と二人で、お膳立てができているボランティアのバスツアーではなく、卒業高を通じて自分で調べたルートで出掛けたものの、交通機関を乗り継ぎ、さらに10キロ歩いて目的地に着いてみると、なんとその日と翌日はボランティアセンターが休み。何をするにもバスや鉄道が遮断されていてなす術も無く呆然としていたら、運良く現地で知り合ったボランティアの人の車に便乗することができ、思いがけなく目にすることができた広域の被災地の惨状に息を呑み、残りの日を土砂を被り瓦礫の埋まった畑の整備をしてきたとのことです。

帰宅後、興奮のはけ口を求めてか、スポンサーへの気遣いか、いつもより饒舌な孫の報告を聞きながら、ジイジは子どもの頃の太平洋戦争の敗戦と戦後の記憶と重ねていました。この世は昨日の続きの単調な連続ではなく、ある時とんでもないことが起こって、昨日と違う明日が始まることがあることを知った経験です。そんなことはできれば起こらないに越したことはないが、そういう経験を積むことが人の人生に陰翳を与えるのではないか。
とすれば今回得た衝撃や感動の体験が彼の目指す「音楽」にも影響を与えずにはおかないはずです。

彼がいつの日か自分の息子や孫に、18歳のときの3.11の体験を話しながら、「自然の脅威」とは、「人の絆」とはを語る日がくるのだろうかと夢想しています。
[PR]
by love-all-life | 2012-03-24 23:27 | その他 | Comments(1)
Commented by remmikki at 2012-03-27 07:54 x
いい体験をしましたね。人生の挫折は必ず次の新たな人生につながります(自分の体験です!)。いいお話聞かせていただきました。