HAND & SOUL

政治家はどこに



e0153357_1881172.jpg






こんな小話があります。

淑女と政治家は正反対の言葉遣いをする。淑女が「No」と言ったときには「May be」であり「May be」と言ったときには「Yes」であり、「Yes」と言ったら、その人はもう淑女ではない。政治家が「Yes」と言ったときには「May be」であり、「May be」と言ったときは「No」であり、「No」と言ったら、その人はもう政治家ではない。

昨日の、野田首相の大飯原発稼動についての原発推進派の旗をもぎ取って振り回したような発言を聞いて、やっぱり小話のなかの政治家かとの思いでした。
管さんが爆死みたいに退場したあと、この人で大丈夫かなと半信半疑で迎えた野田政権ですが、ひょっとすると自らの信念を貫く覚悟の人ではないかとの淡い期待もないことはありませんでした。
選挙を恐れて増税はタブーとする政治にNoを言い、原発に敢然とNoを言う政治家かなとの思いもありました。
それが堪忍袋の緒がきれたような高飛車な物言を原発再開に向けるとはどうしたことでしょう。
増税問題にしても、原発の問題にしても、いずれ増税は必要だろうし、原発だっていますぐ全廃というのは無理だろうと国民はおしなべて冷静に状況を理解していると思います。だから野田さんが野党と身内の両面からの攻撃に耐えてよく頑張っているなと、タテマエはともかく内心では感じている人も少なくないはずです。だからこそ近隣の首長や大阪市長も限定的な容認というとこまでたどり着いたのです。
なのに肝心のところで大見得を切るタイミングと勘所を間違えたとしか思えません。強調すべきは反原発の原則であって、その上でいますぐの全廃は困難だと理解を求めるべきでした。

柄にもなくちょっと力が入ってしまいましたが、とにかくもう一日も早く決着をつけて欲しいというのが多くの国民の本音でしょう。そうでないととんでもない魑魅魍魎の跋扈を許すことになりかねないというのがいまの日本です。

もう一つ小話を、
第一次大戦のころ、ある新聞記者が晩年のクレマンソーに尋ねました。「あなたの知っている最悪の政治家はだれか?」するとクレマンソーが答えました。「さよう。最悪の政治家を選ぶのはじつにむずかしい。これこそ最悪と思ったとたん、もっと悪いやつかならず出て来る」ですと。



ジョーク:阿刀田 高「ジョークなしでは生きられない」から。
[PR]
by love-all-life | 2012-06-09 18:21 | 時事・社会 | Comments(1)
Commented by remmikki at 2012-06-11 17:47 x
もうひとつの小話、「、、、これこそ最悪と思ったとたん、もっと悪いやつかならず出て来る」という最後のジョークに妙に納得です。民主党政治にはもう辟易です。