HAND & SOUL

HAND & SOUL「モノ」がたり 93 <海岸漁りとモク拾い>


e0153357_23572411.jpg






海岸でモノ拾いをするようになって、もう20年経ちます。ずいぶんあちこちの海岸で漁りました。由比ケ浜から始まって、近辺の三浦の海岸を捜し廻り、駿河湾、遠州灘(藤村のヤシの実につられて)、伊勢志摩、瀬戸内の小島、しばらく住みついた新潟の日本海沿岸をあちこち(ここでの収穫は大きかった)、旅行先のアメリカのヴェニスビーチ(ほとんど収穫なしでした)といった塩梅で、海さえあればところ構わずです。
近頃はビーチコミングなどという言葉が定着して、エコロジーやリサイクルといった言葉のようになにやら今風の趣をもっていますが、ジイジ・バアバたちのそれは、75歳をとっくに超えた後期高齢者が、海岸の吹きだまりでモソモソとうつむき加減になにやら探し物をしているのですから、客観的にも実態も日本語の本来の「ゴミ拾い」の姿です。

e0153357_23575422.jpg

ゴミ拾いと言えば昔「モク拾い」という言葉がありました。この言葉、いまでは知らない人のほうが多いと思うので少し解説します。
終戦後の間もない頃、多くの生活物資が統制品、つまり国からの配給によってしか手に入らなかった時代があり、タバコもそうでした。世の男がほとんどすべてモクモクとタバコを吸っていた時代ですから、少量の配給タバコは貴重品でした。
そこで、吸い終わって捨てられたタバコ(これをシケモクと言います)を拾い集め、燃え残ったわずかな部分を集めて再び紙を巻いてタバコの姿にして売ることを職業する人たちがいたのです。これをモク拾いと言いました。
1メートルくらいの竹棒の先に針をつけて、シケモクを刺しては背負った籠のなかに入れます。ポイと捨てられた吸い止しのシケモクに複数のモク拾いの竹棒がすっと出てくるなんていう光景も珍しくありませんでした。
ついでに言うと、一時はタバコの刻んだ草と紙が別々に配給され、それを自分で巻くのです。タバコ巻き器という不思議な道具も発明され、子供もタバコ巻きの手伝いをさせられたものです。
脱線はこれくらいにしますが、言いたかったことはジイジ・バアバのビーチコミングがいかにカッコイイとはほど遠いかというイメージが少しは伝えられるかなと思ったからです。

先日も久しぶりに沼津の海岸へ行きました。若山牧水が日本で初めて景観保全運動をして残された千本松原が続く見事な海岸線ですが、美しい松林にお尻を向けて台風4号で大量に打ち上げられた漂着物と格闘してきました。
その結果どのような成果物が生まれるやら、それはこれからのお楽しみですが、上の写真はその時漂着物の山のなかから姿を見せた面々です。
炎天下のもと、ずた袋を背負い、腰を屈めた眼前に、時おりこんな愉しい顔が出現するのですから、やめられません。
[PR]
by love-all-life | 2012-06-30 00:05 | 「モノ」がたり | Comments(0)