HAND & SOUL

鎌倉佐助のさんぽ市

e0153357_1515330.jpg






HAND & SOULのある佐助地区はジイジ・バアバが50年近く前に住みついた頃は鎌倉特有の低く入り組んで連なる山裾の奥(谷戸といいますが)に、まだ畑地や田んぼがあり、大きなお屋敷が点在し、谷戸の奥に佐助稲荷と銭洗弁天がひっそりと佇む、隠れ里といった趣の閑静な場所でした。いまも佐助に入るにはトンネルを抜けなければならないことがそのことを現しています。

e0153357_151650100.jpg






時が流れ人家が増え、町名も扇が谷から佐助と改められ、道路が舗装され、お屋敷が取り壊されて次々に分譲され、ニューファミリーが移り住むようになって、いくつかのお店もできました。

e0153357_15181771.jpg






佐助という町名は言うまでもなく佐助稲荷からきたのですが、その謂れは、源頼朝が幼少のころ佐(すけ)殿と呼ばれていて、伊豆に島流しされていたとき、枕元に「かくれ里の稲荷」と名乗る白ひげの老人が現れて、いま兵を挙げれば成功間違いなしとのお告げに従って攻め入ったおかげで鎌倉に幕府を開くことができたことから、「かくれ里」なるところを探したら西に小さな祠(ほこら)を見つけ、その場所にお宮を建て「佐助稲荷」名付たというのが佐助稲荷の縁起として記されています。佐殿(すけどの)を助けたので「佐助」というわけで、佐助は鎌倉の起源にゆかりの深い地なのです。

e0153357_15214258.jpg






その佐助も人口が増え、高齢者から若い家族やその子供たちと多様な人々が住むようになったことから、お互いの絆を深め、地域で子供たちを見守ったり、年々増えてきた観光客に対しても魅力的な佐助にしていこうと、小さな地域起こしが始まりました。
いずれも小粒ながら20店舗ほどの佐助のお店が連携して、「鎌倉佐助のさんぽ市」という夏のイベントが二年前から試みられています。
そして三回目の今年からHAND & SOULも参加することになりました。

今年の「さんぽ市」は具体的には、この8月3、4、5の三日間、それぞれのお店にフラッグを掲げ、店の特性に合わせたオリジナルな企画やメニュを用意します。たとえば、紅茶の専門店ではアイスティの入れ方のワークショップをしたり、うなぎやさんではドジョウのつかみ取りをしたり、人力車が特別料金で乗れたりといった具合に、思い思いのアイディアでイベントを工夫して、近隣のお客さんや訪れる観光客にぶらぶら歩きで地域を巡ってもらい、駅周辺の観光客相手の賑わいとはひと味違った、手づくりのサービスで楽しんでもらい、日頃の感謝の気持を表そうおうというものです。


e0153357_1236224.jpgさて、初参加のHAND & SOULとしては、来店者に自分でなにかつくってもらうワークショップ形式の企画にしたかったのですが、あまりにも店が手狭なので、結局手づくりアクセサリーのキットを販売することにしました。
竹、松ぼっくり、枝やサンゴや貝殻などの自然素材を利用して、誰でも比較的簡単につくれるネックレスやブローチなどのアクセサリーのキットです。完成見本を展示し、材料と作り方の説明書のセットを何種類か用意してお客さんに選んでもらいます。
「誰でもが簡単につくれて、どこにもない、オシャレなモノ」と一口に言うのは簡単ですが、いざ準備し出すと、これがなかなか簡単にはいきません。
既に日程も迫っていますが、まだ「簡単にしようとすれば難しい」という難問に四苦八苦しながらの試行錯誤中です。

ま、とりあえずこんな感じです。
e0153357_15255045.jpg
[PR]
by love-all-life | 2012-07-20 15:31 | カマクラある記 | Comments(2)
Commented by remmikki at 2012-07-22 19:51 x
佐助の由来を教えていただきありがとうございます。
「さんぽ市」いいですね、行ってみたいですが、、、
Commented by たか at 2013-07-04 12:54 x
仕事の合間にプチぶらりしてみようかな(*^^*)