HAND & SOUL

MAD MENとの再会

e0153357_2120569.jpg







ひょなんなきっかけから「MAD MEN」というアメリカの連続TVドラマがあるのをサイトで知りました。
1960年代のニューヨークの広告マンたちの世界を舞台にした、今ではタブーとされる喫煙、職場での飲酒、セクハラといった、当時の風俗が克明に描かれた評判のテレビドラマで、多くのエミー賞やグローブ賞を獲得しています。
MAD MENとは、大手広告会社がひしめくマンハッタンのMadison Ave.の Menの意です。
二人の知人に聞いてみたら、一人は好きで前から観ていると言い、もう一人は友人がドッポリはまっているということで、すでに日本も相当に「MAD MEN」に浸食されているようなのです。

60年代・ニューヨーク・広告となると、1963年から26年間外資系広告会社に身をおき、67年にニューヨークの親会社で研修を受けていたジイジとしては、遅ればせながらも見過ごすわけにはいきません。
さっそく近くのTSUTAYAで第一巻をレンタルしてきました。DVDには3話入っていて、その第3話は、主人公のクリエイテブ・ディレクターが通勤電車のシートで雑誌に掲載されたフォルクスワーゲン(VW)の広告を見ているシーンで始まります。

e0153357_21454177.jpg





オフィスに着くや、朝一番の会議が始まりますが、担当する便秘薬の広告アイディアを出す会議のはずが、もっぱら話題は今朝のVWの広告で終始します。面白いというもの、地味すぎる、オレなら西ドイツ帰りのエルビス・プレスリーを使うという意見、ユダヤ人のディレクターがよくドイツの車の広告をつくるものだと揶揄するもの。貴重な朝の時間が担当商品のためにではなく、VWで浪費されているとぼやく担当役員・・・と言ったシーンです。

ジイジにとって、とりわけこのシーンの印象が強かったのは、実はジイジが広告業界に入ろうと思ったきっかけがこのVWの広告だったからです。
大学卒業後入社した女性専門のデパートは、職場としては申し分ないほど楽しく、やりがいのあるところでした。しかしときは日本の高度経済成長が始まった時期であり、大量生産、大量消費にギアが入り、広告すればモノがどんどん売れるといった時代にさしかかっていました。
1959年のご成婚、1964年の東京オリンピックと、日本のビッグイベントの度にテレビの普及率は一挙に高まり、テレビコマーシャルが広告媒体として大きな力を持つようになりました。
画家がタブローを1点描いても、たかだか数百人の鑑賞者を得る程度でしょうが、若いいちデザイナーが考えたアイディアが日本全国の人の眼に触れて、それで人々の心や行動に影響をおよぼすことができるなんて、なんとエキサイティングでやりがいのある仕事なんだろうと思えたのです。

e0153357_21425748.jpg















広告に興味がわいて、広告先進国とされたいたアメリカの雑誌を何誌も定期購読したりしました。
広告の参考というだけでなく、そこには大判カラーページに豊かなモノに囲まれた夢の暮らしがワンサと載っていたからです。
そうした華やかなページの中にひとつだけ白黒ページで写真は商品だけという、他と全く異なった地味ではあるが眼につく広告がありました。
”Lemon”という1語のキャッチフレーズの意味が分からず調べてみたら「欠陥品」という意味であることがわかりました。
自社の商品に欠陥品のレッルテを貼るとは、一体どういう訳で?と本文を読むはめになります。
辞書を頼りに読んでいくと、写真のVWは車内の一部のクロームに眼に見えないほどのキズがあるので、欠陥品として出荷を取り止めたました。VWでは他のどこの車より厳しい検査をして、ユーザーにより長くVWを楽しんでもらうよう心がけているというような内容がユーモアを含んだ文で述べられています。
ん〜、一般にキレイキレイのイメージで消費者を子供扱いするような広告が多い中で、読者の知性と判断力を信じていなければできない、こういう知的でユーモアのある広告もあるんだとすっかり感動し、広告の仕事の魅力と奥深さに触れた気がして、そういう仕事に就きたいとの思いを決定づけたのがこの広告でした。
若い頃のジイジにとってひとつの事件であったこの同じ広告が、半世紀前に本場のプロたちの世界でもやはり事件であったこととして「MAD MEN」で描かれていることが、すごく感慨深かったのです。

前に韓国の歴史ドラマ「チャングム」を韓国語の勉強にとハングルで見始めたら、何の話かさっぱりわからず、日本語に切り替えたら面白くて、それ以後延々と日本語で見続けてしまったというほろ苦い経験があります。
「MAD MEN」はすでに4年分の話があって、これからも続きそうなので、付き合っていたら、長〜い長〜いノスタルジーの旅することになりそうだけど、ま、いいか。
[PR]
by love-all-life | 2012-11-25 21:54 | その他 | Comments(2)
Commented by remmikki at 2012-11-26 18:13 x
これはなつかしいアメリカの広告業界のノスタルジーのDVDですね。VWの広告がジイジさまが広告業界に入るきっかけだったとは、ご縁のある話ですね。

Mad MenがMadison AvenueのMenとはなるほど。

興味深いお話ありがとうございます。
Commented by 木形子のこころ at 2012-12-24 21:16 x
VWの広告との出会いについて興味深く拝見しました。私にとってもVWのクルマ作りの姿勢が、工学者として幾度となく示唆を与えてくれました。初海外滞在の西独では「かぶと虫」に乗りましたが、簡素なインテリア、速度計のみのメータ、燃料計代わりの給油ランプ、アウトバーンを長時間走っても疲れないシート、そして無頓着な騒音対策などでしたが、徹底した合理主義を実感しました。日本に戻り高性能の国産車に乗りましたが、VWが忘れられず、第1世代のGOLFの中古車に戻りました。ここでも「合理性」が貫かれ、高速道路が充実してきた日本でも真価を発揮しました。その後、国産車、オペルを経て、再びGOLF(6世代)に戻っています。静粛さと低燃費という新たなコンセプトを実感しているところです。