HAND & SOUL

「舌を巻く」

e0153357_15425956.jpg






天野祐吉さんのコラム「CM天気図」を読むのは毎水曜日の朝刊の楽しみのひとつです。
今朝は、「『舌を巻く』というのは『キスがうまい』という意味だと思っている若者がいた。」と、”からだ言葉”が通用しなくなっていくことを嘆いているのを読んで、思わず苦笑・・・を通り越して、カラカラと笑ってしまいました。
というのも、たまたま昨日小学五年の孫娘の国語のドリル本を見ていたら、[ ]を巻く、[ ]をこまねく、[ ] を長くして待つ、[ ]をうたがう、[ ]をなで下ろす、[ ]が高い、などの”からだ言葉”の慣用句の問題がならんでいました。
つまり天野さんを嘆かしめた件の若者は、小学五年の学力にも満たないお脳の持主でありながら、男女の身体の付き合い方では大人も「舌を巻く」ほどのテクニシャンということのようです。
孫娘がキスの味を体験するときまで、小学五年で覚える”からだ言葉”を忘れないようにと願うばかりです。

近頃この手のカルチャー・ショックというのかジェネレーション・ギャプというのか、ま、当方の歳を痛感することが日ごとに増えていくような気がします。
これも朝日新聞からの引用になりますが、「ある人が幼稚園で講演したとき、若い母親に『お茶って自分の家で作れるんですか』と聞かれた。『はい』と答えると、彼女はこう言ったそうだ。『私のお母さんがお茶を作っているところを見たことがない。いつもペットボトルのお茶を飲んできた』。彼女はどうやら、お茶を「いれる」という言い方も知らないらしい。(中略)福岡県の県立高校の家庭科教諭が生徒にアンケートしたら、冬に家で飲むお茶を『急須でいれる』と答えたのは2割しかいなかった。」という一文がありました。
この記事を読んでから、会う人ごとに「こんな記事があったよ」と話すと、そう言えばうちでも最近はペットボトルからしかお茶を飲まない、という人が案外多いのにさらに驚いて、こちらの認識を変えざるを得ないの感を抱きます。
「日常茶飯事」という言葉がありますが、昔にくらべ「飯」の内容がすっかり異なってしまったとこは承知していますが、いまや「茶」も「チャ」とか「ティ」に変じているようです。
お膳で食べるご飯も、急須で点てるお茶も、いつの間にか文化の仲間入りをして、そのうちこの世から消えて行くのでしょうか。
「日常茶飯事」を「毎日セックスをすること」と答える若者が現れる日もそう遠くないかも・・・、くわばら、くわばら。


カット:芹沢銈介
[PR]
by love-all-life | 2013-01-30 15:48 | 時事・社会 | Comments(0)