HAND & SOUL

逆ってオモロイ

e0153357_16271013.jpg








前回のブログのなかでご紹介したように、大阪ではエスカレーターは人は右側に立ち、左側を急ぐ人が追越していくというカタチをとります。これは東京圏に住んでいるジイジにとってはちょっとびっくりでした。
かって20年前くらいまでは仕事で頻繁に大阪出張をしていたのですが、これに気付いたことはありませんでした。もちろんその頃にも大阪にエスカレーターはあったわけで、そのことに気付かなかったことにも、ちょっとびっくりです。もしかしたら、その頃はまだ大阪でも右立ちがはっきりしていなかったのかもしれません。

さて、エスカレーターは東京は左側立ち、大阪は右側立ち。新幹線で3時間たらず走っただけで起こるこの真逆の現象は何が原因なのか?
この謎を先日パーティで会った大阪からの女性が解いてくれました。
彼女は「それは70年の大阪万博のときからなんです」、「万博のとき海外からのお客さんに対応するため、海外で一般的な『右立ち』が取り入れられたのです」。というのです。また、「その昔武士は刀を左に差していたので、刀が人と接触しないように道の左側を歩く習慣が残っているからともいわれている」と説明してくれました。
その他にも、阪急電鉄が昭和40年代に梅田駅に設置したときにそのように案内したためとも言われているという説もあります。
う〜ん、なるほど。じゃ、東京の『左側立ち』の理由は?と調べると、「通路では右側通行を案内しているので、エスカレーターも左側に立ち止まって右側を歩いてもらおう」と決めたのが原因とされているようです。

では、東の『左立ち』と西の『右立ち』との境目はどのあたりかということになると、かなりしっかり調査した人がいて、静岡、名古屋、米原などは総じて左派、京都まで行っても左なんだそうです。つまり右派は大阪周辺だけということになります。このことは「万博説」を裏付けているように見えます。

因みに、エレベータ協会では「エスカレーターでは、歩いたり走ったりすることは、危険であるので立ち止まる」ことを勧めているようですので、念のため。

ま、たかがエスカレーターの立位置の問題じゃないかと言ってしまえばそれまでですが、ジイジにとって結構思いがけないショックでした。ショックというのは少し大げさですが、日本の代表する二つの現代都市の今の風物を代表する設備の使い方にこれほどの差異が現れることがとても面白く感じられるのです。
すべてがマニュアル化されたシステムのなかにも、アナログとしての人間がつけ入ることのできる隙間では、思いもかけない事象が起こり得るということが面白いのです。
大阪までやってきて、「エッ、エスカレーターの乗り方が逆じゃん」とい驚くことが単純にオモロイのです。

どこへ行っても同じコンクリートの道路、ビルの林立、街角のコンビニ。ユニバーサル・デザインで同じような安全と快適を提供されることで人々がなんとなく感じている倦怠(贅沢な話ですが)が、このゴールデンウィークの空前の国内旅行ブームと無関係ではないように思えます。
みな、ちょっとした「逆」を求めて旅にでるのでは・・・。
[PR]
by love-all-life | 2013-04-26 16:32 | 時事・社会 | Comments(0)