HAND & SOUL

HAND & SOUL「モノ」がたり 106  <お飾り、二態。>

e0153357_16234283.jpg







6月20日に、21−21デザインサイトでの「カラーハンティング展」のプレビューショーがあり、会場の入り口にバアバのおひな様が来館者を迎えるという大役を担って鎮座しておりました。
デザイン界のトップランナーのひとりである藤原 大の企画展とあって、少なからずの著名人の顔も見える賑々しさのなかで彼のプレゼンテーションや、何人かの顔見知りと久しぶりの再会の挨拶を交わしたりして楽しい時間を過ごしました。
バアバのおひな様は、藤原さんが3月3日に八ヶ岳でカーラハントした10色の自然の色をベースとしているので、衣装の色も落ち着いたトーンになっていて、江戸時代の古雛と見間違える方もいましたが、顔などのつくりはいつもの三重子雛なので、その組み合わせが面白いと感想を述べる方もいました。4ヶ月の長丁場を無事にお役目を果たして欲しいと願っています。
3時間ほども会場で過ごしたあと、旧知の仲間と食事に出ました。クリエイティブ・ディレクターやアド・ウーマンやインテリアデザイナーたちで、いわゆる業界で働き盛りの中堅どころです。何年も足を向けたことのない六本木の若者が集まる飲み屋に連れていかれたのですが、周囲の喧噪に負けない大声で話を交わすのにエネルギーを使い果たしました。これも何十年ぶりの横須賀線の最終電車に乗っての午前さま。久しぶりに吸った娑婆の空気でした。

以上のような嬉し楽しのバタバタがあって、やっと一息ついて取りかかったのが、遅れ遅れの注文の流木のリースづくりです。ついでにお店に置く作品も同時進行でつくりました。

e0153357_16241498.jpg










リース飾りはクリスマスのオーナメントと看做されがちですが、古代ローマの時代から輝かしい業績や威信の象徴として身に付けて用いられました。いまでは植物などの自然素材を用いた室内の装飾品となっていますが、HAND & SOULでは流木の小枝を組み貝殻などをあしらってつくります。
今回のリースは、沼津の千本松海岸の流木と、長い間にどこからともなく集まった南洋の貝殻や、わが家のイタリアンで中味は家族の胃の腑に収まったムール貝の貝殻などをあしらってつくったものです。
潮騒やウクレレの音にとても似合うんですよ。
[PR]
by love-all-life | 2013-06-25 16:25 | 「モノ」がたり | Comments(0)