HAND & SOUL

HAND & SOUL「モノ」がたり 107  <額縁は友だち>


e0153357_1619189.jpg





いろんなモノを額縁にいれてきました。古くは額縁の中味は学生時代に描いた油絵でしたが、社会人になって絵を描かなくなってからは、額の中味は海外旅行などで拾った葉っぱとか劇場の切符のとかレストランのメニュやコースターなどをコラージュして額に納め部屋に飾る楽しみを覚えました。


e0153357_8391099.jpg















25年くらい前でしょうか、バリ島のウブド村でお土産にちょっと大きめの絵を買って、キャンバスをくるくる巻いて持って帰ったのはいいのですが、その絵を入れる額を買うとなると買った絵よりはるかに高い出費になることがわかり、ではと頑張って自分で作りました(上)。
以来、人に頼まれたり、自分の作品を入れたりする額をつくるようになりました。職人さんのつくった精度の高い凝った豪華なものではなく、手近にある材料でつくる簡素なものですが、そうなって、ふと、人は何故絵などを額に入れるのだろうかを考えることがあります。

額縁の発祥はその原型はギリシャ・ローマだという説もありますが、やはり一般化するようになったのはルネッサンス以降ではないかと思います。それ以前の絵が聖書の教えを説くものから次第に鑑賞するものに変っていき、それにつれて描かれるスペースも壁画の大画面から小型化して、絵画は所有物として家のなかに飾られるものになり、鑑賞のために絵を周りの世界から切り離し、また絵そのものを際立たせるものとして額縁が生まれたのではないかと考えられます。

しかし近頃の暮らしをみると、名のある画家の絵を麗々しく飾るというようなことより、自分の気に入った額をインテリアの小道具として飾る、または自分の感性の遊びとして楽しむ対象となってきているようにみえます。例えば、雑誌に掲載されていて気に入った写真やイラストを切り取って額にするとか、赤ちゃんの初めての靴下を思い出として額に入れるといったように額のカタチも多様化しています。
だとすると、絵が主役、額縁は脇役という上下の関係でなく、額の中味も枠も一緒にして作品というお友達関係の額縁があってもいいのではないかと思うのです。

e0153357_1622586.jpg









このところ、写真館が写真を楽しむ自由な発想の額縁を提案して欲しいという依頼や、エドワード・ホッパーのカレンダーの一葉を額装して欲しいという注文があったりして、いくつかの額をつくりました。

e0153357_16221350.jpg










これは、太い枠木に傾斜をつけてあるので、縦にも横にもそのまま立てて使える置き額です。手前に
奥行きがあるので、思い出の品やちょっとした小物を置くという楽しみもあります。

「なにも額にしなくったっていいじないか」という考え方もあるでしょうが、枠組みがあるとなんとなく気が落着くというのは人間普遍の心理ですかね。
[PR]
by love-all-life | 2013-07-21 16:24 | 「モノ」がたり | Comments(0)