HAND & SOUL

運命のカタチ

e0153357_16562462.jpg









朝、何気なく庭の地面に目を落としたら1匹のアオムシを見つけました。
この季節毛虫やアオムシは少しも珍しくないのですが、「オヤ?」と思ったのは、それが今まで目にしたこのない模様のアオムシだったからです。
この手の話を好きでない人にはゴメンナサイ、でも続けます。

しゃがんでさらに目を近づけると、模様に見えるのが、たんに虫の皮膚(?)についたパターンではなく立体的なのです。この種の虫のなかにはヒゲが生えたのや角をもったものなどいろいろ立体的な装いをもっているものがいますが、このアオムシのは背中に黒くて小さなボーリングのピンのようなものが生えたようにゆらゆらゆれているのです。
写真を撮ってパソコンで「毛虫」や「アオムシ」などの図鑑を検索してみたのですが該当するのものがありません。「もしや、新種発見かもしれん」と、家のものに見せたのですが「ウヮー、面白い」「気味悪い〜」と反応はあるものの、一向に正体は分かりません。
そこへ中1の孫娘がやってきて「これ、知っている」と言うではありませんか。「前に図書館で見たけど、この黒いのはハチの卵なの。ハチがアオムシの背中に卵を産みつけて、卵は虫の体液を栄養として育って、全部食べ尽くされると虫は死に、卵は成虫となって巣だっていくのよ。」と説明します。
ついこないだまで教わる一方だった彼女の思いがけない博識ぶりに「へーッ!」と、一同関心しきりです。

e0153357_16395391.jpg













普段このようなアオムシは花壇を荒し回る「憎きヤツ!」であり、見つけては駆除しているのですが、彼(彼女?)にそんな悲運が襲っていると思うと急に哀れに見えるだけでなく、透き通った若葉のような胴体にゆらゆらと黒い飾りものを纏った姿がそんな残酷な命のドラマの舞台であると知ると、見てはいけない事件を見てしまったようなある種の後ろめたさを感じます。
彼は自分のおかれている運命を知ってか知らずか、苦悶の表情はおろかそれらしい動きさえみせずに、ただのそのそと這いずっています。かりに彼が事態を理解しているとしても彼にはそれに抗するいかなる手段もないでしょう。そしてその黒い命の簒奪者はあたかも彼自身の一部のようです。
自分では知るヨシもないが、いつか命を奪っていくもの・・・、ひょっとすると運命の姿とはこんなカタチ?とへんな妄想を誘うアオムシくんでした。









[PR]
by LOVE-ALL-LIFE | 2014-05-29 16:40 | 自然 | Comments(0)