HAND & SOUL

国家って必要?

e0153357_16280892.jpg









2001年9.11のワールドトレードセンターの同時多発テロ、つづく湾岸戦争・・・。
われわれはなんでも「見える」世界に生きています。
彼方でおこる紛争も2メートルの卑近距離でTVの画像を通じて接することに慣れっこになっています。

それにしても、昨今のように国家間の紛争の実態を毎日リアルタイムで生々しい映像を通して世界中で共有しながら進行するのを目の当たりにするということは、幸せなことなのか、不幸なことなのか。
知ること自体は悪いことであるはずがありませんが、知ってもその事態の改善になにもできない空しさは精神衛生上よろしくありません。

e0153357_16284693.jpg











紛争に無関係な295名の爆死者の散乱する荒野で、調査団の進入を銃を持って威嚇するウクライナの新ロシア派の兵士たち。
「自国の安全のために、相手の国民を殺す」と世界に向けて宣言するネタニエフ首相。続いて血まみれの子供を抱えて右往左往する市民でごった返すガザ地区の病院。
とても、民主主義、人道主義が世界でひろく共有される現代の出来事とは信じられません。
「これは映画ではないのだ」と自ら念をおさずにはいられない情景を、目にしたくないと思いながら、目が離せない毎日です。

個人と個人では親しくなったり好きになったりできるのに、一方信頼関係を口にしながら実のところは不信をベースにした「利」と「害」の回路でしかつき合えない国と国の関係というのは、根本的なところで「平和」と相容れない性質をもっているのではないか。
国家とは何か? 国家なんかない方がよいのではないか? 世界国家とかユートピアはありうるのだろうか? こんな疑問が頭のどこかに居着いて離れません。
そんな昨夜、NHKの夜9時のニュースで宇宙飛行士の若田光一さんのインタビューがありました。日本人として初めて船長としての重責を全うして帰還した彼の表情もコメントも実にさわやかです。
アメリカ人、ロシア人、日本人をはじめ国籍を異にするチームのまとめ役として、彼が最も心を注いだのがコミュニケーションでした。
自国のためというより宇宙という共通の目標に向けて一体となるのが宇宙船という世界なのだ言う彼の言葉に、国家間の紛争を回避するひとつのヒントがあるように感じました。
それにしても、「日本人として初めて」「世界をリードする日本の技術力」というように日本、日本が連呼されるインタビューを聞いていて、やはり「国」が前へ出るのかとやや複雑な心境でした。








[PR]
by LOVE-ALL-LIFE | 2014-07-30 16:32 | 時事・社会 | Comments(0)