HAND & SOUL

HAND & SOUL「モノ」がたり(114) 「モノづくりは絆づくり」



大阪のTさんという女性からお電話で、「HAND & SOULの人形が欲しいのですが、いま療養中でお店に行くことができないので送っもらえないだろうか」というリクエストがありました。
いま手持ちのものがありませんが、いずれ新しいものをつくるので、要望をお聞きしますと答えを返すと、メールで写真が送られてきました。

e0153357_21114286.jpg






それは去年3月の青山の個展のDMに使ったバアバの流木人形のひとつでした。どうして東京での個展のDMを大阪のTさんが持っていたのか聞きそびれましたが、同じものにはなりませんが極力それに近いものをつくりますとお答えし、ご了解を得ました。

e0153357_21123231.jpg



























幸い以前使った布が残っていたので、ほぼ同じものが出来上がりました。写真を撮ってメールしたら、Tさんから「大満足!」とのお返事。

お相手の方が療養中ということで、バアバはさらに人形用の小さなバッグをつくり足し、中にお見舞いのメッセージと庭のナンテンの実を入れました。
それを見ていたジイジが、「このバッグの大きさ、5円玉を入れるのにちょうどいいねと、近くの銭洗弁天へ行って、手持ちの5円玉を洗い「幸運にご縁がありますよに」とバッグに入れ足しました。ちょっとおせっかいかなと思いましたが、Tさんから早速「嬉しくってたまりません、ありがとうございました。」とご連絡をいただいて、ホっ。

e0153357_21130729.jpg












バアバはいつもプラスαのものづくりが好きです。そしてジイジはちょっとしたオセッカイが好きです。
その分だけお相手との繋がりが強くなると感じられるからです。
だってわたしたちはHAND & SOULなんですから。




[PR]
by LOVE-ALL-LIFE | 2014-08-18 21:18 | 「モノ」がたり | Comments(1)
Commented by sola-1-sola at 2014-08-19 08:55
ご無沙汰しています。
モノは人と人の想いの架け橋になりますね。
それがまたハンドメードならなおさら想いは深くなって
こうした+αもおせっかいも優しさを伝えるコトになるんですね。

病気になると、自分のための慰めを求めたくなるんですよね。
お二人の想いが療養中のお体に良薬になるでしょうね。
とても嬉しいお話でした。