HAND & SOUL

HAND & SOUL「モノ」がたり (118) 「50年目の金メダル」

e0153357_09101204.jpg








近頃「50年目」がよく話題となります。言うまでもなく今年が第一回東京オリンピックから50年目だからで、それに関連して新幹線がスタートして50年とか、首都高速が50年目など、都市としての東京がオリンピックを契機にどれほど様変わりしたかをマスコミが取り上げています。

50年といえばかっては人の一生の長さだとされましたが、今では50歳はまだ若手のうちで、寿命のたんなるの通過点にしかすぎないというありがたい世の中です。
実はそのありがたい「50年目」をジイジ・バアバが手を携えて通過することを、人さまからプレゼントをいただいて改めて気づきました。
HAND & SOULを始めて以来親しくしていただいているNさんAさんMさんから「Happy Golden Wedding Anniversary!」なるブックレットをプレゼントにいただいたのです。
以前私たち二人が何10年と溜め込んで捨てられないジャンクを納めた古い旅行カバンをN・A・Mさん(一緒くたにしてごめんなさい)に開陳して見せたことがありましたが、それらを撮影してかわいい一冊のブックレットにまとめてくれたのです。
ページに収められているのは、どれも昔のいつの時点かに私たちの心を捉えた忘れがたい途中駅のようなものであり、いまのモノづくりの栄養素ともなったモノたちなのです。ま、ご覧ください。
e0153357_09160791.jpg
e0153357_09163593.jpg
e0153357_09165834.jpg
e0153357_09171481.jpg
改めてみると、われながらなんと幼稚、なんと外国かぶれ、なんと安っぽいの感が拭えません。だからいままで人の目に晒すのは避けて仕舞い込んでいたのでした。
しかしそれらは、子どもの頃、戦争末期にB29からの焼夷弾投下の中を逃げ惑い、戦後のひりつくようなひもじさを体験した焼け跡世代が、復興期にそれまでの埋め合わせようにガツガツ食べたと同様に心の飢えを満たした栄養源あり、私たちの SOULの一角を成しているモノたちなのです。
クラマタ・シローも田中一光もイッセイ・ミヤケもきっと同じような軌跡を辿ったはずです。もちろんその結果としてのアウトプットの質は別として・・・。

いつのまにか人生の伴走者として集まって来たこれらのモノたちが、いまゴールに近づいた私たちに投げかけるメッセージは「老いたから遊べなくなるのではない、遊ばないから老いるのだ」いというあのバーナード・ショウじいさんの叱咤激励であるかのようです。

PHOTO : NAKAGAWA NORIKO












[PR]
by LOVE-ALL-LIFE | 2014-10-31 09:19 | 「モノ」がたり | Comments(0)