HAND & SOUL

HAND & SOUL「モノ」がたり (120) 「展覧会のDM」

このところHAND & SOULは1年で最も忙しい日々が続いています。千客万来でと言いたいところですが、さにあらず、実は2月末に迫った「HAND & SOUL 2015展」の作品づくりに追われる日々なのです。
毎年この時期に青山のタンバリン・ギャラリーで展示をして、会期の最終日に「来年もお願いできますか?」というギャラリーの問いに、バアバが即座に「はい」と答えるからです。
1年前から分かっている予定なのに締め切りが間近にならないと動かないという悪弊は昔と変わらずなのに、こちらのHANDもSOULも着実に老化が進んでいるわけで、いまや最終コーナーの胸突き八丁というところです。
しかしこういう苦境も「もっと苦しいときだって凌いだことがある」という老人特有の開き直りと、「忙しくて、ありがとう」と苦しさを喜びに変えるしたたかさも加齢のお陰です。

忙しさの合間を縫って展覧会のDMができあがりました

e0153357_20560171.jpg




























展覧会のDMは、身近にある素材をいじくり回してなんとか恰好をつけるというのが例年のことですが、今年は流木の小枝にスタンプでHAND & SOUL 2015と印字して、由比ケ浜の海岸で撮影しました。
浜辺の隅っこでうずくまって砂遊びををするかのような老夫婦は、通りすがりの他人にはいぶかしく見えたに違いありません。
ちょっとそっけないデザインですが、小枝の二つのコブが、ときにはお互いに目の上のタンコブのようにも見えるジイジ・バアバに見えないこともないと、当人たちは勝手に面白がっております。

展覧会のご案内については、このDMがお手元に届かない方には申し訳ありませんが、タンバリン・ギャラリーのホームページをご覧いただければ幸いです。










[PR]
by love-all-life | 2015-01-27 21:06 | 「モノ」がたり | Comments(0)