HAND & SOUL

段ボールの上のワンダーランド

e0153357_11392388.jpg







「えっ、これでも春?」というような薄ら寒い曇天がつづくなか、ぽっかりと陽光を得た先週の土曜日、三浦半島で最も高い大楠山の山懐の有機農園で開かれたフォトスタジオのワークショップに参加しました。

フォトスタジオといってもかっての写真館風のものとは打って変わった、米国西海岸のリゾートハウスのような開放的な空間で、若いファミリーが勝手気ままに楽しむ自然な姿をパチパチとデジカメに収めるといった、機材の進歩がもたらしたビジネスモデルで近頃人気のスタジオの3周年記念行事のお手伝いとしての参加です。
当方のお役目は、段ボールの台紙にいろいろな素材を貼付けて絵をつくるコラージュづくりのワークショップの指導です。
70組ほどの参加ファミリーはほとんどが未就学児連れのパパママやおじいちゃんおばあちゃんの小グループで、以前このフォトスタジオで撮影したお客さんたちですが、彼らはまた子どもの成長につれてリピーターとなるであろうお得意さんでもあるわけです。

イベントの企画の段階では「コラージュ? 何それ」といった戸惑いの声もありましたが、「大丈夫、子どもはみんな表現の天才なんだから」と当方が意見を出してやることが決まりました。
e0153357_11401257.jpg
色紙、各種テープ、リボン、新聞紙、、ボタン、種といった用意された材料の他に、子供たちは葉っぱや、小木片や、ドングリなどを周りの自然から探してきてはベタベタと遠慮なく台紙に貼付けます。接着材として用意したボンドも歯磨きのようにひねり出して白い山をつくり、小枝を貼付けるだけではもの足りず台紙に穴をあけて垂直に立ててしまったりと遺憾なく天才ぶりを発揮します。
なかでも3歳のユカちゃん(仮称)は、摘んできたたタンポポの花を台紙に貼付けましたが、そこへミツバチが飛んできて止まって動かず、作品の一部に成り済ましたのには、なんでもありのコラージュの極地を見る思いでした。

e0153357_11405573.jpg















こうした子供たちの奇想天外な発想や大胆さは、教育を受け、分別をもち、社会性が身につき、大人になるに連れて先細っていくのが常です。
小林秀雄は真の芸術家は大人になっても幼児性を失わないものだと言っていますが、天才ならぬ分別臭い凡人が天衣無縫な幼児性を取り戻す、いわば逆教育といったものがあり得るのだろうか、この二律背反を一身に併せ持つとはどういうことかと考えてきて、ハッと「これこそがデザイナーにとって最も大切な資質ではないか」と気づきました。なぜならデザインとは合理性と感性、用と美を、ひとつのもののなかに同時に実現する行為だからです。

段ボールの台紙をワンダーランドに変えてしまった、あの子供たちの才能がいつまでも消え去らずにいて欲しいと祈らずにはいられません。








[PR]
by love-all-life | 2015-04-22 11:44 | 文芸・アート | Comments(0)