HAND & SOUL

自然は恵みか災いか

e0153357_19580167.jpg









北関東の記録的豪雨で河川の決壊などにより、またしても自然災害の過酷さをいやというほど見せつけられました。
資源の乏しい日本で唯一といってもいいほどの豊かさを享受している水資源の、普段とは全く異なった恐ろしい姿です。
緑豊かな起伏に富んだ国土、清らかな水の流れ、変化に富んだ四季折々の表情。こういったわれわれが日頃誇りに感じている自然の恵みは、一方でどれも災害の元凶でもあり得ることを再認識させられます。

以前住んでいた米どころの中越・長岡では、5月に入ると田んぼに水を引きます。市街地近くの台山に登って見下ろすと、長岡は見渡す限りの水面が広がって市街地が水にぽっかり浮いたようになり、それはまるでヴェニスのようで、毎年その景色を愛でるのを楽しみにしていました。
ところがマスコミが報じる今般の災害の遠景写真は(こういう見方は不謹慎と思いながらも)、あの5月連休のころの長岡の高地からの眺めとそっくりなのです。
一方は豊かな実りを秘めた希望の水、もう一方は人の暮らしを破壊する災いの水です。
「文明が進めば進むほど天然の暴威による災害がその激烈の度を増す。」とは寺田寅彦の言葉です。
河川の決壊による濁流のなかに点々と沈む数えきれないほどの自動車が、その言葉の今日性を感じさせます。


e0153357_19584474.jpg







一昨日こんなことがありました。
早朝、「すわッ、首都直下型地震!」と一挙に目を覚まし、「な〜んだ…」と、早く目覚めた分だけいつもよりのんびりゆっくりと裏山の神社のラジオ体操へ向かいました。
6時半からの体操は、机の上の携帯ラジオから流れる号令に合わせて老男老女が身体を動かすのですが、この日ラジオはずーっと「マチダ震度5弱、ヨコハマ震度4、・・・」と地震速報をやっていて、6時半になっても一向に終わりません。一同一瞬顔を見合わせました。と、誰かがラジオ体操第一の動きを始めたのです。するとそれ合わせて皆が「カワサキ震度4、チバ震度3・・・」の声に動ぜず黙々とラジオ体操第一、第二を規律正しく無事やり終えたのでした。
自然災害なれした近頃の世相の一こまと言うべきか、百戦錬磨の老男老女ならではの胆の坐りなのか、とても不思議な体験でした。

e0153357_19590909.jpg












自然災害はいつかはわが身に降り懸る。それは多分想定以上のものだろうという覚悟をもちながらも、できる備えはする。今日まで当事者でなかったことを感謝しつつ、自然の恵みも戒めも甘受するということでしょうか。











[PR]
by love-all-life | 2015-09-13 20:02 | 時事・社会 | Comments(0)