HAND & SOUL

HAND & SOUL「モノ」がたり (125) 「鎌倉・夏・ART」

今では一年を通し週末や祝日には観光客やウォーキングの人々で賑わいをみせる鎌倉ですが、かっては(というのは50年ほど前ですが)鎌倉の賑わいといえば、お正月の八幡様の初詣と夏の海水浴客でした。
海岸近くはまだ砂地の道が多く残っていましたし、町中といえども裸のままで麦わら帽をかぶった大人や浮き輪をもった子供たちが闊歩していました。ビーチにはよしずを張った海の家だけでなく、コルクの弾で人形を落とす鉄砲打ちゲームや卓球台を備えた店などもあって、海岸はちょっとした遊園地でした。
そんな海の家の中に、先日亡くなった大橋巨泉の店があって、そこだけジャズが鳴り響いていて,周辺と異なった雰囲気を醸していたことが今となってはなつかしく思い出されます。

e0153357_19435167.jpg

今どきのビーチではよしずはすっかり影をひそめ、ハワイのビーチを模したようなヤシを植えデッキを備えたペンキ塗りのビーチハウスが並び、パッとみると日本語より英文字ばかりが目に飛び込んできます。
朝、東京あたりから普通の恰好でやってきて、着付けの店で浴衣や着物姿に着替えたり、サーフショップでサーフィン用の出で立ちに変えて日中を過ごし、夕方着替え直して帰るのが流行っているそうです。
いずれにせよ風俗は時代とともに変わるのは当然としても、夏の鎌倉の独特の賑わいは相変わらず健在です。



そんな鎌倉の夏の新しい試みとして、いま「KAMAKURA DESIGN+ART WALK みずたまてん」が開催されています。
e0153357_19445269.jpg

鎌倉駅から長谷観音に至る由比ケ浜通りと、江の電長谷駅から大仏への長谷通りを中心として、多くの店が店頭に水玉模様のフラッグを掲げ、そのなかの20数店では、デザインやアート作品を店内に展示をして街の賑わいに彩りを添え、夏の鎌倉を訪れる人々に楽しんでもらおうという企画です。
仕掛人は,世界をまたにかけて活躍してきた鎌倉在住のデザイナーで、そのキャリアとデザインセンスとエネルギーを地元にも向けようと思い立って始まりました。
参加アーチストは東京、湘南、鎌倉の各方面の若手のグラフィック・デザイナー、イラストレーター、パケージデザイナー、クラフト・デザイナーなどの面々ですが、仕掛人の彼が子供の頃からの旧知の仲だったことでHAND & SOULにも声がかかりました。

e0153357_19464720.jpg

私たちは、由比ケ浜通りにある「するがや本店」という昭和12年創業で、戦前・戦中の兵隊さんから「長谷の大福餅」と評判だったという和菓子の老舗の店内をお借りしました。
手狭の店ですし、話が急だったこともあり手持ちの作品を持ち込んでディスプレーしただけの展示です。
「二人合わせて精神年齢20歳・実年齢160歳が、勝手気ままにつくりました」をショルダー・フレーズにして、参加作家の平均年齢を一挙に引き上げています。7月16日から31日までの展示なので、もうすぐ終わってしまいますが、今年が出発点ですので、これからが楽しみです。

KAMAKURA DESIGN + ART WALK みずたまてん 特設サイト HTTP://MIZUTAMATEN.COM/
[PR]
by love-all-life | 2016-07-29 19:47 | 「モノ」がたり | Comments(0)