HAND & SOUL

HAND & SOUL「モノ」がたり (127) 「クリスマス・クリスマス展」

今年も長岡のギャラリーmu-anから「クリスマス・くりすます展」への参加のお誘いをいただき、地域の元気なアーチストのお仲間に入れていただいてバアバと二人で作品を展示しています。
足掛け15年あまり居住した長岡から鎌倉に帰ってきて8年、県知事さんも変わり、市長さんも変わり、籍をおいた大学も市立大学に変わりと、いろいろな変化があってもいまだ長岡を身近な存在に感じられるのはこのmu-anとの絆のお陰です。今年は作品だけを送っての展示になりましたが、毎年この時期の展示ということもあって、さまざまなジャンルのクリエイティブな楽しい作品でギャラリーが満たされます。
テーマは「小さな贈り物」、HAND & SOULからの作品は以下の通りです。

e0153357_1640566.jpg










バアバの「エンジェル人形」です。泰西名画の白衣の天使とちがって、どこかヒト癖もフタ癖もありそうな天使です。「ヒトは皆どこかで天使よ」というメッセージかも。
家の周辺の葛の蔓、沼津海岸で拾った流木とバアバが溜め込んだ膨大な古布のコレクションが材料です。

e0153357_16414478.jpg

静岡県沼津市の千本浜は、かって歌人若山牧水等の自然保護運動があって保たれた長い砂防の松林が続き、波打ち際まではすべて小石で、いつ行っても流木が散乱し、背後には富士山がそびえる美しい海岸です。そこで拾った小石と流木を材料にしたメッセージ額です。
「LESS IS MORE 」(左)は、20世紀の近代主義建築のコンセプトを確立した巨匠ミース・ファン・デル・ローエの言葉ですが、俳句や水墨画などの日本独特の省略の美意識とも通じますし、飽満な消費文明への警句としてもジイジが大切に感じている言葉です。
「LOVE NATURE」(右)、一見大いなる混沌・融通無碍に見えながらすべてを包み込む秩序であり、限りない恵みでありかつ厳格な戒め、そして究極の美の源泉である自然、それははHAND & SOULにとって神なのです。

e0153357_1654379.jpg











野地板という最も廉価な杉板でつくった「壁掛け飾り棚」です。バアバが企画しましたが,肘の故障で思うように作業ができないのでジイジが製作した共同制作です。  

e0153357_16443061.jpg









チーズの空き箱に熱した蝋を流し込んで、固まる前にメッセージをスタンプした小石を埋め込んでつくった「STONE CANDLE」です。
昔、終戦前後に停電がよくあり、使い残したロウソクの破片を集めて缶詰の空き缶に入れて溶かし、ロウソクの代用の照明にした記憶が発想の原点かも知れません。クリスマスディナーのテーブルに、ちょっと特別な雰囲気を演出してはとの提案です。

では、みなさま Have a Merry Christmas!
[PR]
by love-all-life | 2016-12-14 17:10 | 「モノ」がたり | Comments(0)