HAND & SOUL

こんにちわ、はじめまして。

e0153357_10311645.jpg








いま、お店をつくっています。

お店ができたらブログで紹介しようと思っていたら、
ブログのほうが先にできてしまいました。

だから、まだできていないお店の紹介をします。

名前は「HAND & SOUL」。

店主は「バアバ」
番頭は「ジイジ」

何を売る店?
「バアバ」と「ジイジ」がつくった流木や廃材などを素材とし
た作品や、自分でも欲しいと思う若い人がつくったおしゃれな
作品。

なぜ店を?
“It’s a long story, but I’d try to make it short….”

「バアバ」は、若い頃は銀座で商品企画をしたり、ウインドウ
・ディスプレイの仕事をしたり、ファッション誌にイラストや
記事を書いたりと、トレンドセッターのような仕事を長年やっ
てきました。
最近は流木や廃材や古布で家具や生活小物をつくっては個展を
やります。
孫の誕生日祝いは「バアバ」の手づくりと決まっています。毎
年この時期には手づくり雛の個展をやります。
そしてずいぶん前から自分の作品を並べてみなに見てもらえる
店が欲しいと言っていました。

「ジイジ」は、若い頃はゲーダイ出のデザイナーとして広告業
界で働きました。
その後突然転身して、新潟県の造形大学の先生になってデザイ
ンを教える仕事をやってきました。
「ジイジ」が新潟にいたときは「バアバ」も一緒に新潟に住ん
でいました。「ジイジ」の仕事のせいで「バアバ」の望みがな
かなか叶えられないことを悪いなと思っていました。
去年大学をリタイアし、「ジイジ」も「バアバ」もはれて実家
の鎌倉に帰ってきました。

長年の夢を実現したいなと思っているちょうどそんな時に、親
しい友人が自宅に菜園をつくるので、敷地内にあるコテージを
誰か引き取ってくれないかという話を聞き、「クダサイ!」と
即座に返事をしました。

いま息子のケンケンとユーちゃんに手伝ってもらって、自宅の
駐車場をつぶしてコテージを組み立てているところです。
駐車場といっても車1台分ですから、どれくらいのお店か想像
できるでしょう。

つまり、「バアバ」と「ジイジ」のお店屋さんごっこのような
お店です。

「ジイジ」「バアバ」にとって、自分で小屋を組み立てるのも
、ブログを始めるのも、ましてお店をやるのも、みんな初めて
の体験です。
この歳になって(といってもまだ歳を言っていませんでしたね
、いずれ明かします)、
こんなにワクワク、ドキドキするだけでもすばらしいと感じて
います。
[PR]
by love-all-life | 2009-02-26 10:25 | その他 | Comments(0)