HAND & SOUL

鉄工所へ

ショップ入り口ドアの引手をオーダーしに、使い古した斧を持って近くの鉄工所へ。
ここは以前から内装の仕事でお世話になっている「鈴藤」という工場。
鉄の加工についてのことなら、大抵は相談に乗ってくれる。

今回も「斧の先端をカットして、ベースプレートに溶接して・・・」と簡単に考えて持ち込んだが、そこは素人考え。
聞けば「鋼と鉄の溶接。素材が違う。さらに溶接棒の素材次第で、仕上げの色合いにも影響が出ます」とのこと。
それでも「なんとかやってみましょう」と請け負ってくれた。

工場内は様々な道具や素材、作りかけた(あるいは破棄した)意味不明のオブジェクトが沢山あって愉しい。
図面なり口頭なりでちゃんとした指示が出来れば一個から製作をしてくれるので、これからはオリジナルの金物を使用した商品や作品が登場するかも知れない。
写真は調子に乗って「あれはできる? これはできる?」と突っ込むジイジ。
そして肝心の引手は、今週中にも仕上がってくるとのこと。
e0153357_18375325.jpg

[PR]
by love-all-life | 2009-03-11 18:37 | その他 | Comments(0)