HAND & SOUL

1967年は永遠


e0153357_23121629.jpg







6時に目覚めたのを幸いに散歩に出ました。
由比ケ浜には子どもたちが作った砂楼が、三日ほどの続いている陽気の証のように波に洗われながら残っていました。
この時期はわかめが海岸に流れつきます。
以前はよく拾って帰ったものですが、風呂場が砂だらけになるなど家人からの評判が悪く、今日も拾うのを我慢。



入れ物としての小屋はケンケンの頑張りもあってひとまず完成。

いよいよ中身の商品づくりに精を出さねばならないのですが、その前に、かってお世話になった先輩Mさんの喜寿のお祝いの品をボクが用意することになっているのです。
Mさんは大学の先輩であり、かっての大クライエントでもあったばかりでなく、1967年に3ヶ月ほどニューヨークの広告会社でともに研修を受けた、同じ釜のメシを食った同士でもあるのです。
1967年!ニューヨーク!
あの特別な時代に、特別な場所で、特別な体験を共有しているのです。

例によって質素ではありますが、心を込めてコラージュをつくりました。

e0153357_23134534.jpg
[PR]
by love-all-life | 2009-03-19 23:16 | その他 | Comments(0)