HAND & SOUL

Here's Johnny!

e0153357_20365261.jpg

タイトルと写真からピンと来た人は、なかなかの映画通じゃないですか?
でもこれはコロラドのリゾートホテルじゃなく、わがセルフビルド・ハット(小屋)の把手の話。

長年薪割りに使ってきた愛着のある STANLEY 製の手斧の加工を、近くの鉄工所に依頼していたのは以前ジイジが書いた通りですが、昨日それが出来上がってきました。
結論から言えば、加工そのものは良くも悪くも「予想通り」。
ところが実際に扉に取り付けてみると、なんだかグッと迫力が増し、ちょっとオーバーパワー気味。
バアバにいたっては素直に「怖い」と。
まぁ、確かに・・・・・。
僕でさえ、最初に浮かんだコトバが「Here's Johnny!」でした。
テクスチャー的には悪くないしオリジナリティもあると思うんですが、どうでしょう?

by Ken-Ken
[PR]
by love-all-life | 2009-03-24 20:39 | その他 | Comments(2)
Commented by やべっちΘ at 2009-03-25 09:25 x
たしかに・・・色々な見方はありますが、存在感はバツグンですね。
以前、ブログにUPされていたイメージスケッチの通りです。
こうやって第二の人生を与えられ、手斧が表舞台に立ち、自慢気に見えます。
Commented by love-all-life at 2009-03-25 20:42
やべっちさん:そう言っていただけると、嬉しいです(ホッとします^^;)。
オープンの暁には、ぜひ実物をご覧になって下さい。