HAND & SOUL

2009年 07月 18日 ( 1 )

カマクラある記 1

夏の朝の散歩の足は自然と海岸に向きます。
携帯と、デジカメと、ミニラジオをもって由比ケ浜まで25 分。波打ち際を材木座までブラブラ歩いて帰ってくると、1時間半の適度のエクササイズです。
携帯は時間チェックのため。デジカメはビジュアル・ハンティングと称して何でも気になるものをところかまわず撮ります。ラジオは英語の耳馴らしのため、FENです。
家に帰ってデジカメで撮った収穫物をチェック、雑魚は捨てていくつかをPCに保存します。といっても保存した収穫を他人が見たらきっと雑魚としか見えないヘンなものばかりです。


じゃ、今朝の獲物(?)の一部です。


e0153357_1781821.jpg



















海岸は曇天。夏休みが始まったせいか、いつもよりやや多めのサーファーが小波にちゃぶちゃぶ。


e0153357_17102546.jpg




















ややっ、正体不明の物体。くらげには違いないが、インクが滲んだような不思議な色、なんでこんなきれいな色である必要があるだろうか。


e0153357_17112692.jpg



















あわれ、カラスの朝ご飯に。


e0153357_17172316.jpg




















波が残した水墨画。


e0153357_1718379.jpg











左は、材木座の監視所、右は、先日見たサンタモニカの監視所です。
かたや貧しい地方自治体がつくったもの、かたやU.S. NAVYの施設ですが、この差、財源だけの問題だけではないのでは・・・。


e0153357_17192890.jpg



















なぜか由比ケ浜はクリスマスムード。


e0153357_17202359.jpg



















7月18日、土曜日、朝7時。海水浴客が賑わう前の鎌倉の海岸でした。
[PR]
by love-all-life | 2009-07-18 21:21 | カマクラある記 | Comments(1)