HAND & SOUL

2009年 07月 23日 ( 1 )

HAND & SOUL「モノ」がたり 14 <流木のヒトデ>

海岸を散歩していると時々ヒトデが波打ち際に落ちています。とくに珍しいというほどのものではないのですが、落ちていると何故かハッとして、海辺にいるという感覚が幾分増幅されるような気持ちになります。

e0153357_1120291.jpg

ヒトデは食べておいしいという話を聞いたことがないし、ある種のヒトデは珊瑚礁に大きな被害をもたらすなど、どちらかというと海の嫌われ者らしいのです。
にもかかわらず、出会うと少し嬉しくなって、ちょっと得したような気持ちになるのは、なぜでしょうか。

ヒトデは英語で「star fish」、フランス語では「étoile de mer」(海の星)と言います。
学名はAsteroidea、asteroidとは「小遊星」ですって。

満天の夜空に輝く星のいくつかが舞い降りたスターダストのイメージでしょうか、
大海原を宇宙との見立てでしょうか、
生態はともかく、ヒトデは人にどこかロマンを呼び起こすようです。

その理由はいうまでもなくそのフォルムのせいでしょう。
中心から放射状に手肢が出ているものに人は目を奪われます。
そしてヒトデが人の心まで奪うとすれば、放射形のイメージが、花、星、太陽など、
みな私たちとって大切なものである連想からでしょう。

e0153357_11252683.jpg

ジイジが大事にしている絵本「NEPTUNE’S GARDEN」 のヒトデのページの冒頭に”Deceptive Beauty”とありました。
「みせかけの美」、うーん、たしかにこの特徴的なペンタゴンは人の目を欺くための策略なのかもしれない、
でも何のために?

e0153357_11273544.jpg

ジイジとしては、流木でつくったヒトデたちがDeceptiveであったとしても、Beautyであってくれればと願うばかりです。


流木のヒトデ ¥1,000〜¥3,000

資料:「Neptune’s GARDEN / SHELLS A to Z」 WENDY FROST
[PR]
by love-all-life | 2009-07-23 11:32 | 「モノ」がたり | Comments(2)