HAND & SOUL

2017年 04月 01日 ( 1 )

81年生

e0153357_114397.jpg












当ブログの更新が長い間途絶えているので、「どうした?」「身体の具合が悪い?」といった声やら問い合わせ
をいただいています。
いろんな事情があるにはありますが、直接の原因はジイジがお正月に大きな怪我をしたためなのです。
1月2日に冠雪の初富士を愛でようと箱根に行き、老朽ちたデッキの板を踏み抜き1.5メートルほど下のコンクリートの地面に転落してしまいました。腰に激しい衝撃と強い痛みに一瞬「やっちまったー!これで一生車椅子暮らしか」との想いが頭をよぎりました。
救急車で病院に担ぎ込まれ、検査の結果は腰椎の圧迫骨折。ひと月かふた月の入院を宣告されてしまいました。

毎年2月末の「HAND & SOUL展」をギャラリーに頼んで延期してもらい、いくつかの約束をキャンセルし、ひたすら闘病に励みました。といっても当方は何もできないわけで、バアバをはじめ担当医師、看護、介護の方々にたいへんお世話になりました。
マグロのようにゴロリと寝たきりが2週間くらい。なんとか自分でトイレに行きたいと車椅子に座ろうとベッドから足を降ろして驚きました。足に力がなく立てないのです。たった2週間で足の筋肉がすっかり衰えてしまってしまったのです。「人の身体は使わなければ衰える」を実感し・・であれば頭も・・・と心配ばかりが募ります。

この4月でアクシデントから3ケ月。目下コルセット着用ではありますが、お陰さまでほぼ平常に近い暮らしができるまでにまりました。お医者様からは桜の散る頃にはコルセットもとれるよと言われています。しかし全快までには半年かかるとも言われました。でも3月前のマグロ状態にくらべれば天と地の差です。
毎朝のベッドの上での30分ほどのリハビリは欠かしません。やがてやせ細っていた足に筋肉がつき始め、あれができるようになった!これもできた!と、回復という名ではありますが、まるで幼児の頃の成長を追体験するような嬉しさがあります。

桜の満開が待たれる4月、伸び盛りの新しい1年生が生まれます。こちらも残りかすのような老体に幾ばくかの伸びしろを期待して、3ケ月間の春休みを終えて81年生としてカンバックします。







---------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by love-all-life | 2017-04-01 11:50 | その他 | Comments(1)