HAND & SOUL

カテゴリ:その他( 68 )

81年生

e0153357_114397.jpg












当ブログの更新が長い間途絶えているので、「どうした?」「身体の具合が悪い?」といった声やら問い合わせ
をいただいています。
いろんな事情があるにはありますが、直接の原因はジイジがお正月に大きな怪我をしたためなのです。
1月2日に冠雪の初富士を愛でようと箱根に行き、老朽ちたデッキの板を踏み抜き1.5メートルほど下のコンクリートの地面に転落してしまいました。腰に激しい衝撃と強い痛みに一瞬「やっちまったー!これで一生車椅子暮らしか」との想いが頭をよぎりました。
救急車で病院に担ぎ込まれ、検査の結果は腰椎の圧迫骨折。ひと月かふた月の入院を宣告されてしまいました。

毎年2月末の「HAND & SOUL展」をギャラリーに頼んで延期してもらい、いくつかの約束をキャンセルし、ひたすら闘病に励みました。といっても当方は何もできないわけで、バアバをはじめ担当医師、看護、介護の方々にたいへんお世話になりました。
マグロのようにゴロリと寝たきりが2週間くらい。なんとか自分でトイレに行きたいと車椅子に座ろうとベッドから足を降ろして驚きました。足に力がなく立てないのです。たった2週間で足の筋肉がすっかり衰えてしまってしまったのです。「人の身体は使わなければ衰える」を実感し・・であれば頭も・・・と心配ばかりが募ります。

この4月でアクシデントから3ケ月。目下コルセット着用ではありますが、お陰さまでほぼ平常に近い暮らしができるまでにまりました。お医者様からは桜の散る頃にはコルセットもとれるよと言われています。しかし全快までには半年かかるとも言われました。でも3月前のマグロ状態にくらべれば天と地の差です。
毎朝のベッドの上での30分ほどのリハビリは欠かしません。やがてやせ細っていた足に筋肉がつき始め、あれができるようになった!これもできた!と、回復という名ではありますが、まるで幼児の頃の成長を追体験するような嬉しさがあります。

桜の満開が待たれる4月、伸び盛りの新しい1年生が生まれます。こちらも残りかすのような老体に幾ばくかの伸びしろを期待して、3ケ月間の春休みを終えて81年生としてカンバックします。







---------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by love-all-life | 2017-04-01 11:50 | その他 | Comments(1)

「安保関連法案に反対する ピースパレード in かまくら」準備着々!

「安保関連法案に反対するピースパレード in かまくら」の呼びかけ人が一気に333名になり(7月3日現在)、短時間ではありますが着々と準備が進んでいます。
前回ブログで未定だった、第1回パレードの「集合場所」「コース」などの詳細が決まりましたのでお知らせします。

集合場所:鎌倉市役所

集合時間:2015年7月11日(土)10時30分、パレードスタート:11時(小雨決行)

パレードコース:鎌倉市役所→鎌倉駅西口→御成商店街→若宮大路→鎌倉八幡宮→小町通→鎌倉駅東口★駅前スクランブル交差点を渡り→カトリック雪ノ下教会前(予定)・解散

e0153357_07580236.jpg

思いを同じくする皆さん、ひとりでも、二人でも、グループでも参加自由です。一緒に鎌倉を歩きましょう!







[PR]
by love-all-life | 2015-07-04 08:28 | その他 | Comments(0)

「安保関連法案に反対するピースパレード in かまくら」

なんだかキナ臭い治世者の言動に不安と不満を抱く日々ですが、お知り合いから「みんなで声をあげましょう」との呼びかけをいただきました。
こんな老鳥がという気持ちより、子ども時代に戦時・戦後を体験したものとしての義務感が勝り、呼びかけ人の片隅に加えてもらいました。
ということで小ブログを見てくださる皆さまに「ピースパレード」について紹介し、ご参加を呼びかけます。

今日までに決まっていることは以下の通りです。

---------------------------------------------------------------------------------------------

名称:
「安保関連法案に反対するピースパレード in かまくら」

趣旨:
安倍首相が断行しようとしている「安保法制」は、今の国会の議席数から見て、残念ながら法案成立の可能性は相変わらず高い状況が続いています。何としてでも数の力で強行したい安倍政権は、憲政史上やられたことのない長期通常国会延長を強行し、9月27日までとしました。議席数を変えることは、来年の参議委選まではできません。
しかし、世論調査を見ても法案に関する政府説明を7〜8割の国民が説明不足と感じ、法案に反対する国民が6割を超えている事実は、安倍首相が考えているほど甘いものではありません。

国会における力関係を変えることが可能ならば、私たちに残された手段は一つしかありません。それは、世論調査に示されている通り、国民の声を一人ひとりが具体的に表現することです。黙っていては安倍首相の祖父の岸信介氏が60年安保の時に発した名言(迷言)『私は声なき声を信ずる』というセリフを再び聞くことになります。そんなことを決して許してはなりません。

私たちは7月、鎌倉において第一回「安保関連法案に反対するピースパレード」の実行を呼びかけます。安保関連法案に反対する一人でも多くの人に参加していただき、自分の肉声を挙げる場にしましょう。
私たちは、主義・主張、イデオロギー、宗教、政党、所属する団体・グループのカラーなどは一切問いません。ピースパレードに参加していただく条件は ただ一つ、「解釈改憲を許さず、戦争に反対する。そのために安保関連法案成立成立を阻止する。」のただこの一点のみです。
一人でも、二人でも、グループでも、参加は大歓迎です。

さあ、まず鎌倉で小さな声を挙げましょう。そして、この小さな声がやがて各地の声とともに全国に大きな声となって広がるよう、一人でも多くの方々に参加を呼びかけます。

コース:
鎌倉駅周辺 集合場所ならびに解散場所は折衝中。

実施日:
7月11日(土) 集合;10時30分  出発;11時〜解散;12時30分
*国会が9月27日までの会期延長となり戦いの期間が延びたので、状況を見て2回目を行います。

実行委員会への連絡先:0467-24-6596

--------------------------------------------------------------------------------------------

さらに詳細が決まり次第お知らせしますが、趣旨にご賛同いただける方には、この「ピースパレード」への参加と、お友達・お知り合いへの呼びかけをお願いできれば幸いです。







[PR]
by love-all-life | 2015-06-29 09:46 | その他 | Comments(2)

HAND & SOUL 近況

e0153357_08550488.jpg









先日M氏がぶらりと店に現れました。
M氏はジイジの高校時代の美術研究会からの長い付き合いで、今は高校の先輩後輩で開催する美術展のまとめ役としてお世話になっています。彼は傍ら写真を撮りますが、本人は謙遜していますがプロ顔負けの腕前です。
HAND & SOULの都内での展覧会にはいつも顔を出してくれて、たくさんの写真を撮って、あとで編集してPCで送ってくれます。それらはジイジの記録写真より数段レベルの高いものなのでHAND & SOULとしては大いに助かっています。
先日も店内を最新のデジカメで撮影したものを、早速、探訪写真集のサイトのカタチにして、当方と美術展の仲間に送ってくれました。

e0153357_08553910.jpg









ちっぽけな店内に所狭しと並べられた私たちの作品も彼の手にかかると、なんだか少しエラクなったようで嬉しくなり、辺鄙な場所にあるHAND & SOULを紹介するのに絶好の素材なのでブログで使わしていただく許可をM氏からもらいました。

最近のatelier shop HAND & SOULは、ま、ざっとこんな感じです。
このアドレスをクリックしてください。

Mさん、ありがとうございました。






[PR]
by LOVE-ALL-LIFE | 2014-06-29 10:21 | その他 | Comments(1)

HAND & SOUL 2014展終了


HAND & SOUL 2014展が昨日で無事終了しました。
早速報告を兼ねたブログで展示作品のご紹介などしようとしたのですが、
新しいパソコンの操作がうまくできず苦戦しています。
少々時間をください。

いずれにしましても、お忙しいなかたくさんのかたにご来場いただき、ありがたいお言葉や、助言をいただいたり、新たな出会いや絆が生まれることは、まことにうれしくありがたいことです。
毎年こんなことでよいのだろうかとオズオズと展示しますが、終わってみると、「やっぱり、やってよかった」と胸をなでおろしています。

ご来場いただいたみなさま、お世話になったギャラリーの方々、ほんとうにありがとうございました。

HAND & SOUL
内藤三重子
鎌田 豊成

[PR]
by LOVE-ALL-LIFE | 2014-03-03 18:35 | その他 | Comments(0)

HAND & SOUL展



ずいぶんブログの更新をサボッてしまいました。べつにカラダの具合が悪かったわけでも、怠けていたわけでもないのですが、「ドウシタノ?」と聞かれてしまいました。 
のんびり気ままに生きることを信条としながらも、ブログをはじめた以上勝手きままは通用 しないのだと改めて思い知りました。

e0153357_19303633.jpg











目下、展覧会の準備に明け暮れています。ここ何年か恒例にしているバアバとジイジの年一回の「HAND & SOUL展」です。2月25日から3月2日まで、場所も前回と同じ神宮前のタンバリン・ギャラリーtambourin-gallery.comです。
 
e0153357_19054947.jpg























展覧会に寄せる作者の思いは以下の通りです・・・ 


ココロもカラダも動いている証し、生きている証しになにか作っています。 

ココロが動いても手がいうことを聞かなかったり、 
手がムズムズしてもココロが知らんぷりしたり、 
手とココロが握手をしたり、なぐさめ合ったり、励まし合ったり、
とにかく仲良くやって欲しいと願いながら、なにか作っています。 

そんな個人的な作業につき合っていただくのははなはだ恐縮ですが、 
ま、よかったらご覧ください。


よる年波に加えて、冬季オリンピックに100年ぶりの大雪、作業の進行を妨げるものに事欠か ない此の頃ですがが、お陰さまで何はともあれ忙しいく働くことができることに感謝・感謝です。





[PR]
by LOVE-ALL-LIFE | 2014-02-15 19:37 | その他 | Comments(1)

新年のごあいさつ

e0153357_12092749.jpg

















あけましておめでとうございます。 
皆さまには清々しく新しい年をお迎えのここと思います。 

かってお正月は、まことに晴れがましく、喜ばしく、旧年中の災いや悪事が新年を迎えることで すべてリセットされて、「ヨシッ、今年こそは頑張るぞ!」「よい年にするぞ!」という気分で迎えたも のです。 
しかし、迎えるお正月も77回目ともなると、もはやそういう緊張感もなく、すっかりだらし なくなってしまい、新年のごあいさつも三日目になってしまうというていたらくです。

 上の馬蹄は、いつからか家に転がっていたものを、HAND & SOULを始めたときに裏口のドアに下 げたものです。なんでも蹄鉄は魔除けになるとか、幸福を取り込むという言い伝えもあるそうで、 ではと年賀用の写真に撮ったものです。 
元旦に多くの方からいただいた年賀状に登場する、元気よく飛び回る若駒の絵柄とは異なり、いかにも使い古された老馬の趣ですが、人ごとのようには思えず、こんな絵柄で皆さまの新年のご多幸 をお祈りする次第です。 

 どうぞ今年もよろしくお願いします。
 HAND & SOUL
 鎌田豊成・内藤三重子

[PR]
by LOVE-ALL-LIFE | 2014-01-03 12:14 | その他 | Comments(0)

それサンタ、仕事だぞー!


e0153357_17283897.jpg








うちにはサンタクロースが住みついていています。

このサンタ、6年前までジイジが長岡の大学にいた頃、地元の企業から造形大学の学生さんにクリスマスの飾り付けをして欲しいという依頼があり、地域貢献の一助にと引き受けたはいいが、馴れない作業で学生たちがあまりに苦戦しているのを見兼ねて、バアバが9体の縫いぐるみのサンタを一人でつくり、その生き残りなのです。
大学を終えて鎌倉に引上げるとき、捨てるに忍びないし、置いて来るわけにもいかず、ま、犬と違ってご飯は食べないし、散歩に連れて行く必要もないしと、一緒に連れ帰ってきたのです。

普段は、眠り狂四郎よろしく、ベッドルームの隅でひたすら惰眠をむさぼっているのですが、この時期になると週末にはリユース・サンタとして年一回のHAND & SOULの”看板娘”となるのです。
まちで見かけるニコやかに愛想を振りまくサンタと違って、ただボソッと店頭で座っているだけの寡黙なサンタに近所の子供たちはやや拍子抜けの面持ちですが、それでもクリスマスプレゼントのシーズン到来!のメッセンジャーしとして、子供たちをワクワクさせるに一役かっているようです。

いつの日か近くの弁天様のようにお賽銭を置いていく善男善女が現れないかと、密かに心待ちにしているのですが・・・。

e0153357_17283679.jpg
[PR]
by love-all-life | 2013-11-16 17:30 | その他 | Comments(1)

大阪はワンダーランド

e0153357_23485894.jpg






先週の土曜日はHAND & SOULは臨時休業をいただいて、大阪・星ヶ丘ソーイング・ギャラリーで開催中の「HAND & SOUL内藤三重子・鎌田豊成」展での「お話会」行ってきました。

梅田駅から京都行きの京阪線に乗って枚方市駅で交野線に乗り換え、星ケ丘という駅で降りて、住宅地の坂道を5分ほど登ったところに目的地の星ヶ丘洋裁学校の門柱がありました。
中をのぞくと、茂った木立と春の野花が咲き乱れる庭の奥に朽ちかけた木造家屋が見えます。えッ、ここでいいの?と一瞬歩みを止めますが、同伴のナーヤこと村椿菜文と中2の孫娘H、4才のKはサッサと奥へ入っていきます。そして前にここに来たことがあるバアバもサッサと奥へ入っていきます。
玄関はどこかわからないまま進むと、教室とおぼしき踏み石を置いたガラス戸の横の板に展覧会のDMが鋲で止めてあります。「アッ、ここか」と思った瞬間、ガラス戸が開いて、既知のHちゃん、Nさんたちが大手を広げ歓迎の笑顔で出迎えてくれました。

e0153357_0162254.jpg
e0153357_016828.jpg

そこはソーイング・ギャラリーという名の通り、昭和23年に建てられた古い古い洋裁学校の教室=ギャラリーなのです。ですから外見はちっともギャラリーらしくないのですが、そ場になじんでくるにつれて、ギャラリーの教室と校庭らしき裏庭を含めて、自然の古びと人が手をかけた部分が渾然一体となっていて、なるほどHAND & SOUL展にぴったりの空間だと合点がいきました。
以前、校舎の老朽化で取り壊しの話が上がったとき、有志の人たちが知恵を出し、力を合わせ、汗を流して存続を実現し、その一室をギャラリーとして自主運営しているのです。

e0153357_0263852.jpg
e0153357_0171318.jpg

敷地の中にはピカピカした美麗なものはありませんが、子供たちが自由に遊べる広っぱ、陶芸窯、カフェなどなど、至福の時間を生み出す装置が備えられています。古い板塀が壊れれば、はがれた板で船のオブジェをつくったり、庭の片隅にスクリューが転がっていたり、裸電球が下から生えてテーブル・ランプになっていたり・・・まるでお伽の世界です。
星ヶ丘という地名も、どこか童話めいていますが、実はギャラリーのすぐそばに天の川(地図には「天野川」と記されています)が流れているのです。そしてなんと七夕伝説がここから生まれたという真面目な説があるというのですから、だんだん異次元の世界に迷い込んだような気分になってきます。

その日は、参加者全員がサポーターのチーフメンバーNさんの手打ちうどんに舌鼓をうったあと、ナーヤの司会でバアバとジイジのお話会があり、皆さんとの3時間の交流を楽しみ、別れを惜しんで新幹線に乗りました。
それにしても、枚方をヒラカタ、十三をジュウソウ、交野をカタノと暗号のような地名を経て、訪ねたところが七夕伝説の地だったり、エスカレータで歩かない人は「右側」に立っていたりと不思議なことだらけで、大阪というところはわざわざユニバーサル・スタジオを訪れるまでもなく充分ワンダーランドでした。
[PR]
by love-all-life | 2013-04-18 00:32 | その他 | Comments(0)

HAND & SOUL in 星丘

4月10日からの展覧会のご案内です。

e0153357_22362426.jpg



大阪の枚方市の街並の中に、
ポツンとそこだけ周囲の空間と時間から切り離されたような古い洋裁学校があります。
星丘洋裁学校といいます。
その校舎の一室がギャラリーなのです。
「ソーイングギャラリー( Sewing Gallery)」といいます。
そこで「 HAND & SOUL 内藤三重子・鎌田豊成」展が開催されます。
一昨年に亡くなったアーチスト・永井宏さんとのご縁によるものです。

ソーイングギャラリーには、永井さんのアートワールドが大好きなサポーターたちがいて、
永井さん亡きあとも、アートを通して「生きる」を「遊び」に変える活動を続けています。
そしてHAND & SOULにお声がけをいただいたのです。

バアバは何年か前に永井さんとソーイングギャラリーで一緒に展覧会をさせていただきました。
それ以来、そのお仲間とその場所がすっかり気に入っていて、
そこがどんなに素晴らしいかジイジにたびたび語るので、
ジイジもそこがどんなに素晴らしいか頭に想い浮かべることができます。

会期中の4月13日(土)には、ジイジとバアバも加わった「お話会」が企画されています。
とても、とても、楽しみです。

Sewing Gallery: http//sewing-g.com
[PR]
by love-all-life | 2013-03-23 22:44 | その他 | Comments(1)